【受験生必見!!】受験校を決める際の最重要情報5選!!

円町校・

こんにちは、武田塾円町校です!

 

受験生の皆さんはそろそろ受験校を確定させようと考えている時期だと思うので、

今回は受験校選びにおいて注意するべき情報を5つに絞って紹介したいと思います!

 

今までは憧れとかなんとなくで志望校を選んでいても、いざ入試の募集要項を調べたときに

思わぬ条件が課せられていたりと、意外とリサーチ不足のつけが大きいのが志望校選びです。

 

そんなわけで今回は志望校を選ぶ際に特に注意してほしい点を5個選んで皆さんに紹介したいと思います!

 

book_hon_no_mushi_man

 

①過去問

言うまでもないことかもしれませんが、意外と確認しない人もいるので敢えて言わせてもらいます。

過去問の確認は大前提です!!

 

英作文をひとつ例にとってみましょう。

一口に英作文といえど出題形式は和文英訳なのか自由英作文なのか、1行で済む問題なのか100語なのかといった具合に

非常に幅が広いです。

またいわゆる総合問題も、非常に豊富な出題形式が存在します。総合問題と言えど、学部によって特徴が異なっていたり、

小論文形式であったり、意外に普通の入試問題形式であったりと、大学ごとに様々なスタイルを取ってきて、

さらにそれらは一目しただけでは判別できないようなものも多いです。

このように出題形式は大学によって多種多様なので、自分が受ける大学の過去問の出題形式を必ず確認し、

それに合った勉強対策を心がけましょう。

 

それと、注意してほしいのは偏差値で難易度を判断しないことです。

繰り返すように問題形式や難易度は大学固有ものであり、難易度と偏差値は比例しない場合も

往々にしてあります。また、自分に合う問題なのかどうかで得点率もだいぶ変わってくるので、

その点も必ず確認するようにしましょう。

 

学部間での過去問の類似性で言えば、早慶で言えば、早稲田大学は多くの学部で似たような問題が出題されるのに対して、

慶應大学では学部によって出題形式はまちまちです。

 

今まで見てきたような理由より、自分が受けようと思っている大学の過去問は必ず確認するようにしましょう!

 

②募集要項

各大学の最新版の募集要項を必ず確認するようにしましょう!

 

大学の募集要項や入試で使える科目は意外と変更されていることも多いです。

また、近年大学入試のあり方は共通テスト利用や総合型選抜などが登場して多様化していますから、

それらの内容を把握しておく必要も出てきます。

 

それと、大学によっては条件を満たせば受験回数を増やすことができる場合があったりします。

 

他には、外部のテストの成績を入試の得点に換算できる大学もあったりします。

例えば英検やTOEICなどで一定以上の成績を収めていた場合、英語のテストが満点として扱われる場合などです。

そのため、このような制度を利用することを考えているのであらば早めに対策する必要があるので注意が必要です。

 

国語の入試問題では、現代文しか取り扱わない大学もあったりします。

これに関してはその大学の過去問を見れば基本分かりますが、

自分が受ける年度から各学部で必要な科目が変更される場合もありますので

絶対に受験に必要な科目は確認するようにしましょう!

 

③キャンパスの所在地

入試に直接関係しない情報ですし、意外と知らずに受験する人も多いようですが、

受かったら4年間通うことになるんですから、結構立地は重要だと思いませんか?

 

大学名とキャンパスの立地は意外と一致していないことが多いです。

ここでは具体例をいくつか挙げてみていきましょう。

 

1⃣法政大学(経済)多摩キャンパス

経済学部は大学のメインキャンパスにアリと思っている人も多いかもしれませんが、

実は多摩キャンパスにあります。

 

2⃣立教大学新座キャンパス

見落としがちですが注意の必要なキャンパスの一つと言えるでしょう。

 

3⃣横浜国立常磐台キャンパス

如何にも横浜の市街地中心部にありそうですが、

実は山の上に建っており、最寄駅からも離れています。

 

受験校を決める際は入学後までを想定し、いざ通うことになったときに後悔しないようにキャンパスを選びましょう!

 

④手続きの締め切り

入試には様々な手続きが必要ですがその中でも特に

入学金の振の締め切りはしっかり把握しておくようにしましょう。

 

滑り止めの大学に受かっていながら入学金を払い忘れていたばかりに

合格が取り消しになる事例は毎年のように発生しています。

 

また入試の日程の組み方が悪いと入学金の締め切りが毎回合格発表の前になり、

そのためにその都度入学金を振り込まなければならなくなることも起こりえます。

 

手続き関連で言えば出願忘れもよく聞く話です。

出願締め切りを把握してなかったために入試が受けられなくなってしまう人も

結構いますが、そうはならないように絶対に出願締め切りは確認するようにしましょう。

 

手続きに関しては受験生だけでは忙しくてそこまで気が回らないこともあるかと思いますので、

親御さんも気にかけておくと良いかもしれません。

 

⑤大学HPの今年度の入試のお知らせ

コロナ禍で試験日程や試験会場が変更になる場合があり、そういったときはその旨が

大学のHPに記載されています。ですからこれも必ず確認するようにしましょう。

 

先輩などから、その人が受験した年度の情報を聞いていたりするかもしれませんが、

変更があることも想定されますので、それらの情報だけに頼りきりになるのではなく、

自分自身で大学のHP等で直接情報を入手するようにしましょう。

 

これらの情報は割と頻繁に変更されるので、月一回を目安として確認するようにすると良いでしょう。

 

まとめ

以下の5点は、思わぬ不利益を被らないためにも必ず確認するようにしましょう。

・過去問の出題傾向、必要な科目

・募集要項

・キャンパスの所在地

・各種手続きの締め切り

・大学HPの今年度の入試のお知らせ

 

逆に、これさえ確認しておけば後は勉強を頑張るだけですね!

 

 

【参考動画はこちら!】

 

 

武田塾では、皆さんそれぞれの志望校や学力に合わせてカリキュラムを組んでいます。

逆転合格を目指して一緒に頑張りましょう!

 

無料受験相談

 

大学受験の逆転合格を目指す!
【武田塾 円町校】
(JR円町駅徒歩1分)
〒604-8463
京都府京都市中京区西ノ京円町6-1 ブーケビル 3階
TEL:075-406-5705