「やっておきたい英語長文」シリーズの長所と注意点は?

恵比寿校・

こんにちは!
武田塾恵比寿校です。

今回は、「やっておきたい英語長文」シリーズについてです。

各参考書とだいたいの目安

「やっておきたい英語長文300」(基礎・日大・センター試験レベル)
「やっておきたい英語長文500」(MARCH・関関同立・地方国公立レベル)
「やっておきたい英語長文700」(難関国公立・早慶レベル)
「やっておきたい英語長文1000」(超長文対策)

「やっておきたい英語長文」は、定番の参考書で、多くの受験生が使っています。
受験相談などでも、「コレ使ってます!」との声を多く聞きます。
一方、「解説が少なそうなので、別のを使ってもいいですか?」という声も聞きます。

というわけで、今回は、「やっておきたい英語長文」シリーズの、長所と注意点をまとめました。

「やっておきたい英語長文」の長所

・コンパクトながら問題量が多い。
・全訳・設問の解説ほか、必要な解説は丁寧にされている。
(必要な点を確認したら、バンバン次に行ける。)
・取り組みやすい難易度の範囲におさまっている
・量がこなせて、1冊仕上げやすい

・英文の要約が付いている(「やっておきたい500」以上~)、1000のみ各パラグラフの展開も出ている。

「やっておきたい英語長文」の注意点

・解説がコンパクトな分、少なめ。
・最近の多くの参考書にあるような、全文の構文振り・解説はついていない。
・CDはついていない。シャドーイングや、音声での復習は他で行う必要がある。(もちろん、自分で音読する分には問題ない。)

長所・注意点をふまえ、どう使うか?

特に基礎力に不安がある場合、長文読解の1冊目には向かない。先に「英語長文レベル別問題集4」などの解説が詳しい参考書を仕上げてからの方が良い。順序としては、日大・センターレベルであれば、「レベル別4(詳細な解説)→やっておきたい300(量をこなす)→ハイパートレーニング2(詳細な解説)」というように、解説が詳しめの参考書と合わせて使うのがおススメです。

「やっておきたい英語長文500」以上は、このレベルに取り組む段階としては、十分な解説がついています。このレベルの受験生にとっては、むしろ詳しいのではという声も。

その他、参考書をどう使うかについても無料受験相談で。

恵比寿校へのお問い合わせ・無料受験相談はこちらのフォームからどうぞ

受験勉強は結局は自分でやらないといけません。
授業を受けっぱなしにしても成績は上がりません。

参考書の「自学自習」が最強です。
それを最適に最速でサポートするのが武田塾です!

無料受験相談については、こちらの動画も参照してください!

ご希望の方には、武田塾のカリキュラムも、お渡ししています!
受験学年以外の方も大歓迎!是非、早めにお越しください!!

武田塾で使用する参考書・ルート・使用法が全て書いてあるサイトもあります!
逆転合格.com(武田塾参考書一覧・進め方など)

 

武田塾恵比寿校では、逆転合格を目指す受験生を心から応援しています!!

無料受験相談で待ってます!!!

武田塾恵比寿校へのお問い合わせ・無料受験相談はこちらのフォームから

お気軽にご連絡ください!
TEL:03-6451-2957(武田塾恵比寿校)
e-mail: ebisu@takeda.tv

武田塾恵比寿校
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南1-3-7
隅越ビルディング 3階

LINE@もやってます。
「公式アカウント」から、
「武田塾恵比寿校」で検索!

または、こちらのQRコードで追加してください!

  • 武田塾の無料受験相談