耳で聴いて慣れるもの?リスニングの勉強のコツを解説します

英語の勉強で忘れてはならないのが「リスニング」対策です。文法問題や長文は得意でもリスニングは苦手だという人も多く、どうやって勉強したら良いかわからないという悩みは後を絶ちません。

そこで今回はリスニングの勉強のコツや効率的な方法についてご紹介していきます。リスニングは意外と配点が高く疎かにできませんので、勉強のコツを掴んで高得点を目指しましょう。

リスニングは耳で聴いて慣れるもの?

リスニングの勉強で多いお悩みが「どうやって勉強したら良いかわからない」というものです。

実際、他の教科や分野に比べて勉強方法を明確に示している参考書などはそこまで多くなく、毎年たくさんの受験生の方がつまずいている部分でもあります。

勉強方法としてすぐに思い浮かぶのは「ひたすら耳で聴いて慣れる」というものがありますが、リスニングを勉強するにはひたすら聴いて英語の発音に慣れるしかないのでしょうか?

聴いて慣れることは大切だけど...

もちろんリスニングにおいては、耳で聴いて英語の発音に慣れておくことは大切です。

例えば、普段から洋楽が好きで英語の歌詞をたくさん聴いている人はリスニングも得意だという場合もあるので、英語をたくさん聴いて慣れるということはリスニングにおいて非常に重要と言えるでしょう。

しかし、だからと言って洋楽を聴き始めたり、ただリスニング用の音声を聴き流したからと言ってすぐにリスニングができるようにはなりません。

そもそも聴くだけの勉強法はどうしても受動的になってしまうため、効率的な勉強とは言えません。

ということでまずは、ただ聴くだけではなく効率的にリスニングを勉強するための”コツ”を確認していきましょう。

まずは正しい発音で読めることが大切

武田塾チャンネル詳細動画①はこちら

では、どうしてリスニングに対して苦手意識を持っている人が多いのでしょうか。文法は得意で長文もスラスラ読めるという人でもリスニングが苦手な人は意外と多いです。

これは、そもそも英単語の正しい発音を知らないというものが最大の原因となっています。

単語の意味を知って読めるつもりになっていても実際の英語の発音は全く違うものだった、というのは珍しいことではありません。

自分が正しい発音で読めなければ、英語を聴いても何と言っているのか聴き取ることはできません。

そのため、リスニングができるようになるためにはまず正しい発音で読めるようになることがなによりも大切になります。

覚えた単語を発音できるか確認しよう

リスニング勉強の第一ステップとして覚えた単語を正しく発音できるか確認していきましょう。

発音は電子辞書やインターネットの辞書を使えば聴くことができます。英語特有の強弱・イントネーションに気をつけて聴くと更に効率的に勉強できるようになります。

単語の意味を覚える度に発音も一緒に覚えてしまうというクセをつけることで、普段の勉強と同時にリスニングの勉強ができるようになるのでおすすめです。

武田塾のおすすめはシャドーイング

武田塾チャンネル詳細動画②はこちら

更に効率的なリスニングの勉強方法として、武田塾がおすすめしているのが「シャドーイング」です。

シャドーイングとは、リスニング用の音声が流れたすぐ後に同じ文章を読むという練習方法のことを言います。

シャドーイングの良いところは実際の音声を聴きながら自分の発音の確認ができるというところで、ただ聴き流すだけでなく自分で作業をするため記憶への定着率もアップします。

詳しいシャドーイングのやり方は?

武田塾のシャドーイングは3ステップに分かれています。使う教材は『速読英熟語』というテキストです。

まず、1週目はCDの速さについていけることを目標にしてシャドーイングを行います。受験本番ではその速さの音声を聴き取らなければいけないことを意識して、音声の速さに慣れましょう。

もし速すぎてついていけないという場合は、最初のうちは1行ずつなどに区切ってシャドーイングを行なっても大丈夫です。

2週目は1つの文章を通してシャドーイングをした時に、何となく訳がわかることを目標にしましょう。ここまで来ると、だんだんと音声が聴き取れるようになっているはずです。

1週目と2週目はテキストを見ながらシャドーイングを行いますが、3週目はテキストとCDを別にして練習をします。

テキストだけでCDを使わなくてもCDの音声と同じくらい速く読めるように練習し、逆にCDだけで文章を理解できるようにする練習もしてください。

ここまで終われば、きっと普段のリスニングにも対応できる力がついているはずです。

速読英熟語を1週するにはかなり量がありますが、確実にリスニング力は向上するのでぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

その他、リスニング勉強のコツ

武田塾チャンネル詳細動画③はこちら

また、リスニングはいくつか細かいポイントに注意すると上達が早くなります。

1つは、音の繋がりを意識するということです。例えば、「Check it out」をネイティブ風に発音すると「チェケラ」となります。このように、いくつかの言葉を繋げて読むと全く違う様に聴こえることがあります。

この言葉はスラング的に使われるため、リスニングで出てくることはあまり無いかもしれませんが、英語には他にも単語が連結して発音が変わることが多々あります。

シャドーイングをするときは、ぜひこの音の繋がりにも気をつけてみてください。

他には、動詞疑問詞を特に注意して聴き取るようにすると、楽にリスニングができるようになります。

全部の文章を完璧に聴き取るのは大変なので、動詞や疑問詞など重要な情報を特に注意して聴く様にすると全体の流れを掴みやすくなります。

まとめ

リスニングは耳で聴いて慣れることも重要ですが、それだけでは効率的な勉強はできません。

多くの人がリスニングを苦手としている原因は正しい発音を覚えていないからです。単語一つ一つの正しい発音を覚えれば、段々と音声を聴き取れるようになります。

武田塾のおすすめはシャドーイングです。CDの音声に合わせて文章を読むことで、音声の速さに慣れながら自分の読めない部分を確認することができます。

リスニングはつい疎かにしてしまいがちな部分ですが、決して配点は低くありません。今回ご紹介した勉強法を使って、ぜひリスニングでも高得点を狙ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談