【共通テスト】対策と傾向はセンター試験とどう変わったの??

調布校・

こんにちは!調布駅から徒歩分!逆転合格の「武田塾調布校」です。

調布校塾生は、調布市、三鷹市、狛江市、稲城市、府中市、世田谷区、町田市、国立市、国分寺市をはじめ、神奈川県川崎市など近隣の県からも通塾しています。

武田塾調布校には、東京大学・筑波大学・横浜国立大学・千葉大学・首都大学・埼玉大学・東京工業大学・一橋大学・東京外国語大学・お茶の水女子大学・横浜市立大学・東京農工大学・東京学芸大学・電気通信大学・東京海洋大学などの国公立大学をはじめ、
早稲田大学・慶應義塾大学・東京理科大学・上智大学といった難関私立大学や、MARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)に逆転合格を目指して通っている生徒が数多く在籍しています!!

 

無料受験相談

 

今回は2021年より導入された共通テストの情報を

網羅できるようまとめました!

受験生必須情報です!

d5cbc33b52e8e4e9ad108668aa179dc4

 

 

目次

  1. 受験者数
  2. 平均点の変化
  3. 試行調査と本番の相違点
  4. 共通テスト対策で何をすべきか
  5. 2022年(第二回)の難化・易化予想
  6. まとめ

 

 

 

1.受験者数

2021年に行われた「大学入試共通テスト」

の受験志願者数は53万5,245人で、

前年比4.0%減という結果となりました。

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響による

休校措置による学業の遅れに伴い、試験日が

1月16日、17日の「第一日程」

1月30日、31日の「第二日程」

が設置され、ほとんどが

「第一日程」に出願をしました。

 

2.平均点の変化

第一日程の主要三科目は以下の通りです。

 

英語 リーディング:58.80(前年比:+0.65)

英語 リスニング:56.16(前年比:-1.40)

国語:117.51(前年比:-1.82)

数学ⅠA:57.68(前年比:+5.80)

数学ⅡB:59.93(前年比:+10.90)

 

第一日程の特に平均点のup・downの差が

大きかったのは以下の通りです。

 

【up】

生物:72.64(前年比:+15.08)

数学ⅡB:59.93(前年比:+10.90)

倫理:71.96(前年比:+6.59)

【down】

地理B:60.06(前年比:-6.29)

化学基礎:24.65(前年比:-3.55)

生物基礎:29.17(前年比:-2.93)

 

up・downの差が目立つ科目として特に

理科目の存在感が強く感じられます。

特に生物数学ⅡBは前年比の+10

を超える平均点となっています。

3.試行調査と本番の共通点・相違点

試行調査とは、一言でまとめると

「共通テストのサンプル」です。

各高校にどのような試験内容になるのか

をお知らせするために作成された問題

になります。

ここでは試行調査と本番の

共通点と相違点について

まとめていきます。

【共通点】

・複数の資料や図、グラフの組み合わせ

から思考力、判断力、読解力を重視した

出題

・知識だけではない、知識を用いたうえで

解答を導く思考力を問う出題

・問題文の増加に伴い、速読力と情報処理能力

を要する出題

・英語がリーディング100点リスニング100点

の均等配点になった。

 

【相違点】

記述式問題の導入が見送りになった

・国語で「実用的な文章」が出題されなかった 

・英語のリスニングの「1回読み」が3問から

4問に増えた

・当初の想定(平均点5割台)より易しめの

問題設定となった。

 

4.共通テスト対策で何をすべきか

【『きめる!共通テスト』シリーズ】

共通テストの特徴と対策を徹底的に解説しており、

共通テストパックを行う前にぜひとも取り組んでほしい参考書です。

きめる共通

 

【センター試験過去問】

2021年度の共通テストではセンター試験に似た形式の問題も出題されています。

【共通テストパック】

駿台、河合、Z会などで出版されている共通テスト問題の予想問題集。

【2021年度共通テスト過去問】

共通テストの傾向分析に有効です。

 

ただし、これらの問題集をなぞって行うのではなく、新しい形式で出題されることを

想定し、思考力や判断力を養うために、多様な問題に取り組むことが重要です。

 

5.2022年度(第二回)の難化・易化予想

2022年度の共通テストは「難化」されると予想されます。

理由は主に二点あります。

 

1点目は2021年度の共通テストの想定(平均点:5割程)

を大きく上回り、その反動が予想されます。

 

2点目は1979年に始まった「共通一次試験」や

1990年より始まった「センター試験」でも

実施2回目は平均点が低下したを踏まえると

注意が必要になります。

 

6.まとめ

①共通テストの受験者数は53万5,245人で前年比の-4.0%

②前年比と比べて特に理系科目の平均点の差が大きい

③思考力を問う点については共通しており、

全体的に問題の難易度は易しい結果となったこと。

④共通テストの対策

・『きめる!共通テスト』シリーズ

・センター試験の過去問

・共通テストパック

・2021年度の共通テスト過去問

⑤2022年度の共通テストは「難化」が予想されていること。

 

 

他にも受験情報を知りたい方!!

武田塾ではほかにも

「現代文だけで受けられる大学」や「得意科目に合わせた配点がされる大学」

などあなたに合った大学選びを無料受験相談でお教えします!

センター試験から共通テストになったことで、入試形態が

大きく変更されている大学もあります。

情報戦で後れを取らないためにもぜひ、以下のフォームから

お気軽にお問い合わせください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無料受験相談

 

===============================
日本!授業をせずに偏差値を上げる大学受験専門塾
【武田塾 調布校】
〒182-0045 東京都調布市小島町1-34-1 エクレール調布201
TEL:042-443-0222

FAX:042-443-0223
===============================

 

 

 

 

 

タグ:,

関連記事

thumbnail

こんにちは!  調布駅から徒歩3分!“逆転合格”の「武田塾調布校」です。   もう7月ですね。「夏は受験の天王山」と言いますが、その夏が来てしまったわけです。 現役生…

thumbnail

こんにちは!調布駅から徒歩5分!逆転合格の「武田塾調布校」です。 調布校塾生は、調布市、三鷹市、狛江市、稲城市、府中市、世田谷区、町田市、国立市、国分寺市をはじめ、神奈川県川崎市など近隣の県からも通塾…

thumbnail

こんにちは!調布駅から徒歩5分!逆転合格の「武田塾調布校」です。 調布校塾生は、調布市、三鷹市、狛江市、稲城市、府中市、世田谷区、町田市、国立市、国分寺市をはじめ、神奈川県川崎市など近隣の県からも通塾…

thumbnail

こんにちは!調布駅から徒歩5分!逆転合格の「武田塾調布校」です。 調布校塾生は、調布市、三鷹市、狛江市、稲城市、府中市、世田谷区、町田市、国立市、国分寺市をはじめ、神奈川県川崎市など近隣の県からも通塾…