【受験生必見!】2021年度の大学入試の変更点はコレ! その①

知立校・

大学入試は攻略戦! 変更点を理解してバッチリ対策を立てよう!

2021年からセンター試験に代わり、『共通テスト』が登場しますね!

何が! どう変わるのか! その違いを知って、共通テストを攻略しましょう!

変更①

みなさんこんにちは! @(o・ェ・)@ノ

名鉄知立駅から徒歩5分のところにある武田塾知立校です!

知立市を中心に、安城市、岡崎市、刈谷市、豊田市、西尾市、碧南市からのアクセスが便利です!

知立東高校豊田南高校刈谷高校岡崎北高校愛教大附属高校を中心に、

通っていただいている生徒様もいらっしゃいますよ!

武田塾知立校は「学力を短期間に大幅に上がる正しい勉強法を教える」塾です!

 

今日は大学受験の「共通テスト」に関する情報をご案内します。

自学自習を頑張っている皆さんに少しでも参考になればと思います(*'ω'*)

 

脅威! 新型コロナウィルスの影響!

歴史の教科書にも掲載されるほどの影響力のある『新型コロナウィルス』の世界的感染。

緊急事態宣言により、不要不急の外出が制限され、小学校から大学までの教育機関が軒並み臨時休校。

経済的にも政府から、接客業などのサービス業界の営業時間の制限といった時短営業や休業指示など、

経営側からすると大きな痛手で、破綻してしまう企業もあり、社会全体的に大混乱を招きました。

東京オリンピックの延期や高校総体・甲子園の中止といった前代未聞のニュースがあり、

教育業界でも、9月入学の案が出てくるといったトピックも挙がっていました。

WHO

 

また、ご存知のように2021年度の大学入試からは、高大接続改革に基づき、センター試験から

大学入学共通テスト(以下:共通テスト)に切り替わり、受験に導入される大事な年です。

「共通テスト」は従来のセンター試験同様、国公立大学に進むために必要な1次試験とも言え、

多くの私立大学でも「センター試験利用」「センター試験併用」といった受験方式がありました。

つまり、『大学入試』にとっては欠かせない、非常に重要な試験なんですね!

新型コロナウィルスの影響で、4月から受験勉強へのスタートが上手く切れていない生徒も多く、

既卒生はともかく、高校3年生は、この事態に非常に困惑していると思います。

 

大学受験の準備は大丈夫ですか!?

多くの学校で、5月25日の緊急事態宣言解除に合わせ、再開されているかと思います。

但し、いきなり通常授業を開始するのではなく、分散登校など規制をかけ、学校の授業も

3限までの授業や、クラスメートが1/4に制限され、午前と午後に分けられるなど、

学校側もあれこれと対策を立てて、通常授業に戻そうと計画されています。

しかし、臨時休校の期間を遅れをどのように取り戻そうとするでしょうか・・。

 

塾生からの情報ですと、毎日1限分追加され、補習も増やされるとのこと。

加えて、野球部などは甲子園が中止となってしまいましたが、愛知県独自の大会を行う事が

決まり、部活動が活発的に再開されるとのこと。正直、従来の授業と部活との両立から、

宿題の増加や補習など追加・・・生徒がつぶれてしまわないか心配です。

その上、夏休みも短縮される可能性が高く、今年の受験生(高3生)にとっては

例年にないくらいの険しい受験への道のりになりそうです。

 

今のところ、予定している2021年1月16日、17日の『共通テスト』実施スケジュールは

予定通り実施される見込みです。(朝日新聞 5月13日の記事による

但し、あるデータによれば、緊急事態宣言が解除されたことにより、第2波が年末に

訪れる可能性を挙げているデータもあるようで、先行きは不透明なままです。

国公立受験日程

  ※2021年度の入試から、AO入試⇒総合型選抜、推薦入試⇒学校推薦型選抜に名称が変更です。

 

高大接続改革に向けた、大学教育の在り方

文部科学省は大学改革の方向性を示しており、大学の役割や機能は以下の項目に明確化している。

・世界をけん引する人材の養成

・高度な教養と専門性を備えた先導的な人材の養成

・具体的な職業やスキルを意識した高い実務能力を備えた人材の養成

そのうえで、学内で学部を超えた柔軟な教育機能の充実を図ることや、国公私を超えた大学の

「連携・統合」、地域との「連携」を促すとしています。

また、大学が早急に取り組む方策として、「教育課程きゃ教育方法の改善」、「学修に関する評価の厳格化」

「社会人学生の受け入れ」などを挙げています。これら大学教育の目標・課程までを逆にたどり、

小中高校の学ぶべき「学修指導要領」などが決められ、「高大接続の改革」も実施されています。

愛知県の高校入試が少しずつ変えられてきているのは、まさにこれの影響でもあるわけですね!

 

高大接続改革の必要性と共通テストのポイント

多角的な面に於いて、国際化や情報化が急速に進化・進展しています。

それに伴い、社会構造も急速に、かつ大きく変革しています。

その為、知識基盤社会の中で、新たな価値を創造していく力を育てることが必要となり、

社会で自立的に活動していくために必要な『学力の3要素』をバランスよく育むことが肝要なんです。

【学力の3要素】

 ① 知識・技能の確実な習得

 ② ①を基にした 思考力、判断力、表現力

 ③ 主体性を持ってたような人々と協働して学ぶ態度

上記の学力の3要素を多面的・総合的に評価するツールとして、大学入試を活用することになったわけです。

 

従来予定していた『共通テスト』の特長が見送りに!

そもそも、世界の「グローバル社会」(国際化)、「ネットワーク社会」(情報化)に対応できる人材を

育成するためにスタートした改革により、今回の『共通テスト』が導入されました。

今度の世界や社会情勢の適応・対応するために、根本的な学力の質を変えて、技術や知識をベースに、

『思考力・判断力・表現力』を重視する 『学力の3要素』が決められました。

つまり、今後の日本の教育目標は、この3要素の修得になっていくわけです。

真っ先に体感できるのは、学校で使用される教科書の改訂。上記の3要素を組み込んだ構成や

問題が出題されるようになっていくわけです。加えて、授業や定期的に行われる試験、模試や入試も

この方針に則った内容となるわけです。

当初『共通テスト』には、英語の外部試験の活用(読む、聞く、話す、書くの4技能の評価)、

現代文と数学IAの記述式導入(従来のセンター試験のようなマークシート方式に記述を加えたもの)が

注目されていた変更点だったが、その後いろいろな問題が指摘され(採点者の基準など)

この2つの変更点が見送りとなりました。これらの再検討は2023年度までに公表される予定です。

 

『共通テスト』の特長を知ろう!

2020年度を最後に、31年間続けられた『センター試験』は『共通テスト』へバトンを渡すことになりました。

センター試験は31年間続けられていたので、過去の問題から、出題のパターンや系統などが予想され、

その出題傾向に特化した問題を繰り返し解くなどの対策が立てられていましたが、『共通テスト』には

過去問が無いため、どう勉強したらいいのか分からない生徒も多いです。加えて、英語のてのテストは

上述にもありますが、外部試験を導入予定でしたが、見送りとなったため、従来のセンター試験の様な

マーク式の問題が出題されると予想された方もいるかもしれませんが、全く異なります!

英語に関して、センター試験では、6問構成の発音やアクセント問題から、文法問題や整序問題といった

分野ごとの問題が出され、長文問題へと変わる問題構成でしたが、共通テストに於いては、問題数は

同じ6問ですが、全て長文問題です。但し、難易度は『センター試験』レベルよりもやや下がる見込み

ですが、初っ端から長文が出題されると、普段から長文の対策を行っていない生徒にとっては

難しい印象を抱くかもしれませんね。もちろん、基礎が身についていない時点でいきなり長文の

問題集に取り掛かったとしても、効率的ではないので、順序だてて基礎から積み上げる必要があり、

基礎が理解できぬまま長文を読もうとしても、結局は単語や文法が理解できないので、都度

立ち止まってしまい、電子辞書や講義系の参考書をその時々に開いては確認・・・っという感じで

進めてしまうと、結局何を理解する必要があったのかというポイントが理解できず、ただただ

問題を解くだけで終わってしまうので、受験のための勉強になりにくいです。

なので、『いきなり長文問題集!』ではなく、やはりそこは基礎から積み上げる必要があります!

10

 

共通テストはココが異なる!

従来のセンター試験と比べると、共通テストは出題形式や問われ方が大きく異なります。

センター試験はどちらかと言うと『知識』を重視される問題が多かったのですが、共通テストは

新学習指導要領が重視している『思考力・判断力・表現力』に沿った出題となります。

また、英語に於いては筆記試験とリスニングの配点が4:1だったのに対し、共通テストは

1:1になります。国語なども、従来は評論と小説といった問題の構成から、日常生活の題材や

資料問題が多く出題される予想がされています。もちろん、高大接続改革にて求められる

『学力の3要素』を測る試験として採用されていますが、過去2年間の「試行問題」や、

予備校や教育系出版社の「模擬試験」を参考に改良なども重ねられていくと思います。

受験生皆さんにお伝えしたいのは、過去問が無く、今年度の模擬試験などを軸に、

共通テストが作られるわけで、条件は全員同じです。なので、必要以上に身構えず、

基礎知識を完璧に積み上げ、知識の整理とアウトプットが確実に行えるようにしておくことが

大切であると思います! また、センター試験に於いては、平均点を60%としていましたが、

共通テストは50%と下げています。数字から単に難易度が上がったと思われがちですが、

出題形式などが大きく変わることから得点が低いと予想されている面もあるので、単純に

「難しくなる」⇒「解けるか不安」というように、いたずらに不安視しないようにしましょう!

 

最後に

教育方針が国際化・情報化に対応できる人材の育成を目的とし、その1つとして

新学習指導要領の導入や高大接続の改革が検討・採用されるわけです。

簡単に言えば、世界で活躍できる人材や、ネットワーク化する社会の膨大な情報量に

対応できる人材を育成したい。AIを導入し、オートメイション・テクノロジーを導入する

会社が増える中で、活躍できる人材を養成したいという目標があるわけですね!

その為に、学力の3要素の1つである「思考力・判断力・表現力」をバランスよく育む

『教育』が様々の教育機関で展開されていくわけですね。

学力の3要素

 

何やら難しい表現で説明していますが、自分の持っている知識・技能を、問題を解決するために

どの様にして活かすことができるかどうかという点、知識の応用力を育てることなんです!

上記でもありますが、『学力の3要素』は、基礎的な知識や技術の上に乗っかります。

つまり、基礎知識がしっかり身についていなければ、共通テストに適用されている問題の

傾向や系統が理解できぬまま、ただただ問題を解く練習をすることになってしまいます。

受験勉強に於いては攻略戦です! 効率よく勉強を進め、短期間で大きく学力を上げたい!

武田塾は、学力の上がる正しい勉強法を教える塾であり、学力を上げるための手順をしっかり

生徒1人1人にスケジューリングし、勉強計画を立てています!

無料の受験相談などで勉強法をご案内していますので、是非お気軽にご利用ください!

 

 

塾をお探しの方へ

武田塾は無料受験相談を実施しております。

受験に向けた勉強方法が分からない! 科目別の勉強法を知りたい!

など受験相談、勉強相談が必要な方! 学力の上がる正しい勉強法を知りたい方!

是非、お気軽にお申込み下さい! お電話にて承っております。

受験相談は完全予約制。お気軽にお電話ください!

お電話はコチラから!!(TEL:0566-91-9275)

受験相談

 

武田塾ってどんな塾?

●90秒で分かる武田塾

武田塾の教育方針がコンパクトでとても分かりやすくまとまっています!

 

●武田塾の生徒はこんな1日を過ごします!

塾生の皆さんはこんな感じで特訓日を過ごしますよ。

一人ひとりに寄り添った管理・指導で効率よく学力を上げれます!

- ・ - ・ - ・ - ・ - ・ - ・ - ・ - ・ - ・ - ・ -

また、武田塾知立校に通っている生徒たちは、 名古屋大学、 名古屋工業大学、 名古屋市立大学、

愛知県立大学、愛知教育大学といった国公立大学や、 南山大学といった GMARCH レベルの大学、

有名な 早稲田大学 、 慶応義塾大学 を目指して頑張っています!

※GMARCH : 学習院大学 ・ 明治大学 ・ 青山学院大学 ・ 立教大学 ・ 中央大学 ・ 法政大学


武田塾知立校、武田塾名古屋校、武田塾岡崎校、武田塾八事いりなか校、武田塾大曽根校は、

1)正しい勉強方法を教える塾です!
2)勉強方法を教えて、あなたの志望大学に逆転合格できるまでの勉強計画をつくります!
3)その勉強計画に基づき、毎週宿題を出して、マンツーマンで徹底個別管理します!
4)毎週の成果は、”確認テスト”でチェックします!高得点がとれるまでやります!
5)絶対早く効率よく逆転合格することを目指します!
6)最短で合格するために、勉強のやり方や参考書の使い方までこだわって教えます!

もし、あなたが

学力の上がる “ 正しい勉強法 ” を知りたいのなら

目標とする大学へ最短で合格する方法を知りたいのなら

効率よく成績を上げる方法を知りたいのなら

是非無料の受験相談・勉強相談にお越しください!

無料受験相談・勉強相談は、一人一人のお時間を大切にしている為、事前の予約が必要です。

◆お電話は、こちら!

名古屋八事岡崎星ヶ丘大曽根知立、安城、刈谷、豊橋、豊川、豊田、西尾の予備校・個別指導塾といえば

 

武田塾知立校(逆転合格の完全1対1 個別指導塾)
愛知県知立市堀切3丁目1-2 杉原ビル 1F
名鉄知立駅 南口から徒歩4分(北口からでも徒歩5分)
電話:0566-91-9275
メール:chiryu@takeda.tv
受付時間 13:30~21:00(日曜休)

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 知立校へ