模試の振り返りについて|武田塾あざみ野校

あざみ野校・

こんにちは!東急田園都市線「あざみ野」駅から徒歩30秒、大学受験専門個別指導塾の”授業をしない塾”武田塾あざみ野校、講師の出利葉です!

5月6日に第一回河合塾全統マーク模試が開催されました。
今年度、初めての模試ということだったので、今回は模試の振り返り方について書いていきたいと思います!


模試を受けたら受けっぱなしという受験生は結構多いです。
しかし、これは物凄くもったいないことをしています。
なぜでしょうか。

模試を受けている間の集中力は凄い

まず、模試を受けている間というのはめちゃくちゃ集中しているはずです。
いい点を取りたいし、時間制限もあるし、普段の環境とは違うため、いつも以上に集中できます。
集中しているときには当然勉強の効率も上がります。
だから、模試の最中に「分からない」と悩んだ問題は、後で見直せばかなり記憶に定着しやすくなります。
模試の振り返りをしないという人は、このチャンスを逃してせっかくの集中力を無駄遣いしていることになります。

 

模試で出た問題は意外と本番出る

また、模試で出た問題なんて本番でないと思っている受験生もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
むしろ思っている以上に本番に出題されます。
模試を行う予備校も必死で問題を作成しているので、思っている以上に本番に出題されますし、良問ばかりなので学ぶところはとても多いです。

ということで、模試の振り返りは受験を制するうえで相当大事なポイントになってきます。
ではどのように振り返ればいいでしょうか。

 

模試の振り返りのポイント

 

模試の振り返りのポイントは大きく分けて三つあります。

1.受けた直後に見直すこと
2.既に勉強した範囲を見直すこと
3.うまくいかなかった根本的な原因を見つけること

の三つです。

もう少し細かく見ていきましょう。

 

1:模試は受けた直後に見直す

先ほども書きましたが、模試を受けている最中はかなり深く集中しているはずです。
つまり、受けた直後は普段の勉強の時以上に、問題のことが記憶に残っています。
模試の振り返りをするときはこの記憶がなるべく明確な状態で復習をしましょう。
そうでなければ、模試を振り返る意味はほとんどなくなってしまいます。

採点が返ってくる前に自分で自己採点をして復習をしましょう。
模試の翌日には復習を終わらせられれば理想的です。
逆に1週間もあけてしまうと効果はかなり薄くなります

 

2:既に勉強した範囲を見直す

結構大事なのですが、一度も勉強したことがない範囲に関しては、模試の復習に時間をかけるべきではありません。
そういう範囲はまず参考書で勉強しましょう。

むしろ、「一度勉強したにもかかわらず解けなかった」問題こそ重要です。
なぜなら、「勉強のやり方が間違っている」という可能性が見えてくるからです。
勉強のやり方が間違っていれば、今後いくら勉強しても実力はつきません。
もし一度勉強した範囲ができなかったら、勉強法を見直しましょう。

また、一度勉強した範囲で解けなかった問題は、復習するときに必ず発見があるはずです。
「ああ、ここが思いつかなかったのか」とか「これは勉強した参考書には載っていなかったな」という発見です。
こういう発見があれば、かなり印象に残るので、本番に類題が出れば解ける確率が上がります。
解けなかった理由を言語化して、次にであった時には必ず解けるようにしてください。

 

3:うまくいかなかった根本原因を明確にする

模試というのはたいてい目標通りにはいかないものだと思います。
その時に、「何が根本的な原因でできなかったのか」を明確にする必要があります。
そうでなければいつまで勉強しても壁を乗り越えることはできません。

センター模試の英語を例にとると、
「第5,6問の長文ができなかった」というのでは根本的な原因ではありません。
もっと芋ずる式に原因を探っていく必要があります。

長文ができなかった → 分からない単語が多かったから → 単語帳の復習が足りないから→ 時間が足りないから → 得意な数学に時間をかけすぎている →・・・

といった感じで何が根本的な原因なのかを考えていきましょう。

そして、根本的な原因が明確になったら、今後はどうするかの対策を立てましょう。
この場合なら、「電車に乗っているときと寝る前に必ず10分間単語帳を見直す」とか「1日に解く数学の問題を1問減らす」などです。

根本的な原因を探った時に、体調やモチベーションの問題にたどり着くこともあるかもしれません。
もしそれが根本的な原因なのであれば、なんとかしてそれを解決する必要があります。

肝心なのは「精神論で終わらせない」ことです。

 

まとめ

僕は、模試で分からなかった公式やポイントを小さいノートに書き溜めて毎日のように見直してました。
実際、この復習おかげで本番に助けられたことが何度もありました。
模試の復習はやっぱり記憶に残りやすいので、本番にも活かしやすいんですよね。

ということで、

1.受けた直後に見直すこと
2.既に勉強した範囲を見直すこと
3.うまくいかなかった根本的な原因を見つけること

の3点に意識して、模試の振り返りを行ってみてください。

===========================================

武田塾あざみ野校では毎日、
無料の受験相談をおこなっております!
大学に合格するためには今から何をすればよいの?
模試の結果が出なくてやる気出ない…。
などなど、受験にまつわるお悩みに、個別にアドバイスしております!!

お気軽にお問合せください♪
ご予約はこちら↓

お電話でのお問い合わせもお待ちしております↓↓
===========================================
神奈川県!授業をしない予備校
【武田塾 あざみ野校】
〒225-0011神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-2-15石井ビル4F
TEL:045-909-4000

  • 武田塾の無料受験相談