「いつ」「何を」「どうやって」過去問の使い方は?vol.3

芦屋校・

こんにちは。【日本初!授業をしない武田塾】芦屋校です。

武田塾芦屋校ってどんな先生がいるの?? 講師紹介まとめ (^^♪

 

今回は、

過去問のお話

仕上げになります♪

gutspose_man

前回・前々回のブログを軽くおさらいすると、

・過去問は実力を伸ばすためではなく、
 実力の確認をするためにやる

・過去問の段階的活用を意識する
 段階は大きく分けて3つ

vol.1
既習範囲を時間を気にせずに解く

 (全範囲を既習にする)

vol.2
全範囲を時間を気にせずに解く

 (時間内に解くための作戦を決める)

vol.3
全範囲を時間を決めて解く

過去問

時間無制限

 

時間制限

 

 

vol.1

ラスボスの実力把握

 

 

 

模試

 

   

 

vol.2

自分の成長を把握

 

 

vol.3

実力発揮へ作戦会議

 

本日は、最後です!

vol.3:全範囲を時間を決めて解く
   ⇒最大の力が発揮できる作戦を練る

について、

「いつ」「何を」

「どうやって」

取り組むべきかをお話しいたします!!

 

〔これまでの意識系ブログのリンクを下に貼っているので、ぜひぜひ参照してください♬〕

『夏からでも間に合う志望校への道』成績が上がるノートの取り方

『夏からでも間に合う大学受験の道』勉強時間を決める編Part1

『夏からでも間に合う大学受験の道』勉強時間を決める編Part2

ポモドーロテクニックで受験勉強に必要な3つの力を手に入れよう!

夏休みに「勉強をやり切る!」と覚悟を決めたい受験生へ♪

音楽を聴きながら勉強していい?

 

vol.3 最大の力が発揮できる作戦を練る

時間無制限 → 時間制限有 移行するのはどのタイミング?

 

vol.2では『時間無制限』で取り組んでいましたが、何を目安に時間制限有のvol.3の段階に進むのか?

 

その目安の1つは、

初見の過去問を

時間無制限でいいので、

合格点まで答案を完成させることができる実力が身についたかどうかです♪

(一般的には7割程度の点数ですね♪)

 

もう一つの目安として、

過去問の解説を見て、

理解できないところがないかということです。

chikarakobu

どちらの目安にしても、

十分なインプットとアウトプットを経て、

「わからないところはモチロンないぜ!あとはその実力を制限時間内までにどう発揮するのか♪」

という段階に到達してから、過去問もvol.3へと挑んでいくことになるのです!!!

 

受験に向けて過去問だけをやっておけばいいの?

 

 

vol.1でも書いたことなのですが、

過去問はあなたたちの成績を上げる気は全くありません。

過去問は実力を測るだけです。

(成績を上げるときに使うのは問題集よね♪)

 

そんな過去問をやった上で、

伸びしろ分野致命的苦手分野を洗い出し、

分野別特訓に適している参考書学習当日の戦略決め(やらない問題を決めるなど)

といった対策を打っていくのです♬

 

繰り返します。

過去問と参考書はペアで活用しましょう♬

 

どんなことを意識すれば、入試の臨場感を自分でつくれるの?

 

過去問演習は、試験当日の模擬演習です♪

ですので、

試験本番の臨場感を自分で作り上げて、気分を盛り上げていきたいですね♪

school_shiken_kaijou

ですが、、、

「点をとらなきゃ、点をとらなきゃ、…」

という思考で緊張しすぎてしまうと、頭と体に力が入って実力を発揮することができません。

ここはいったん、「点をとる」というのをあえて意識するのはやめましょう♪
(意識するなといわれても意識しちゃうしねぇ笑)

 

では、何を意識するのか…!?

 

それは、

自分で自分に課したミッションが

制限時間の中で達成できるのか

です♪

例えば、

・問題に取り組む順番をあらかじめ決めておいて『その通りに』解く

・自分がやらないと決めたことを『本当に』やらない

・英語で、パラグラフリーディングをすると決めて『実際に』実行する

・数学で、途中式を丁寧に書くと決めて『絶対に』それを余白に残す

などなどです♬

 

過去問演習において、そのミッションが実行できたのかどうかを意識するだけで、模擬試験としての臨場感が全然変わってきます♬

 

 

まとめます!!!

 

いつ:

時間無制限で合格点に届くようになってから、制限時間を設けて過去問を解こう!

あなたの実力が定着しているのを確かめてから、その実力を制限時間内に発揮するための手段を探るのです。

 

何を:

過去問は、単独で取り組まない。

受験直前期に過去問が「できた・できない」で一喜一憂するのではなく、『過去問演習をした後に、どの参考書を復習するべきか・追加するべきか』のように、過去問は参考書とペアにして活用するもの♬

 

どうやって:

「今日は入試当日なんだ!」という緊張感を持って、自分でしっかり雰囲気(臨場感)をつくる。

雰囲気を盛り上げるために、自分自身にミッションを課しましょう!
・制限時間の中で、自分が「絶対にやりとげる!」を決めたことが、本当にできていたのかをチェック(『自分で決めた順番で解く』など)
・自分が「絶対にやらない!」と決めたことを、本当にやらないのかをチェック(『自分の苦手分野は手を出さない・あとにまわす』など)

そして解き終わったあとに、その興奮冷めやらぬままに、
制限時間内で自分が使えた戦術,使えなかった戦術をかならず振り返る。その振り返りを、今後の参考書学習(復習・追加)に活かす♬

 

過去問の使い方は?vol.1

過去問の使い方は?vol.2

 

いつまでも続く気がしていた夏も、、、

終わりそうです!!!

ぜひぜひ無料受験相談にお越しくださいね♪

【無料受験相談はコチラ♬】芦屋校

武田塾芦屋校ってどんな先生がいるの?? 講師紹介まとめ (^^♪

↓↓夏だけタケダやってます♪↓↓

まで~~~!

 

今なら夏だけタケダ!!期間限定開催中です!!

 

 

夏だけタケダ2019開講決定!!夏からの逆転合格を目指そう!!

夏だけタケダは外部生向けの講習です。

1か月限定ではありますが、入会金無料で、通常の月謝のみで4回の特訓を受けることができます。
※正式入会する際には入会金が必要となります。

 

◆受講科目は自由に選択できますので、1・2年生であれば苦手科目の基礎を!
受験学年であれば、現状分析し、苦手科目の克服や、得意科目を更に得意にしていきましょう!!

 

◆自習室は講習期間内は利用に制限はありません!
夏期休暇期間はありますが、それ以外の日は、毎日通って下さい!

 

【申込期間】

6月1日(土)〜8月31日(土)
※受講期間:6月1日(土)〜9月30日(月)の間1ヶ月間

 

 

【対象学年】

高校1~3年生・浪人生

 

 

夏だけタケダを受講するメリット

その①1か月間入会金なしで、武田塾の特訓を実施できます。
※正式入会する際には入会金が必要となります。

 

その②受験生は今この時期から奇跡の逆転合格を目指せる。高2生以下はこの時期に武田塾を体感できるチャンス!!

 

 

夏だけタケダをオススメしたい人はこんな人!

◆とにかく夏に成績を伸ばしたい人!!

◆何をすればいいのか分からない人!!

◆勉強がスケジュール通りにできない人!!

◆そもそも勉強方法が分からない人!!

◆単語が覚えられない!!復習の仕方が分からない!!

などなど。

勉強方法に不安がある人・悩みがある人。全ての人にオススメします!!

 

まずは無料受験相談にお越し下さい。

武田塾の詳しい説明と、あなたに適切な受講コースをご提案させて頂きます!

 

武田塾芦屋校は新規開校校舎です(*'▽')

ただ今、無料受験相談のお申込みを多数頂戴しております!!

事前予約をして頂けましたら、お待たせすることなくご案内できますので、是非ご予約頂けますよう、宜しくお願い致します(^^)/

 

無料受験相談お申し込みフォームはこちら

メールでのお申込みはashiya@takeda.tvまで。

お電話でのお申し込み・お問い合わせは

TEL:0797-62-6851
(電話受付時間 月〜土曜日 13:00~22:00)

 

武田塾って何をしているの??

武田塾で行われるのは「教えるだけの『授業』」ではなく、「教えるだけでなく、身につけるところまでしっかり指導する『特訓』」です。

特訓」だからこそ、他の塾では伸びなかった生徒でも逆転可能になります。

 

偏差値を伸ばすには日々の「自学自習」が大切ですが、誰にも管理されずに一人で自学自習するのは難しいことです。

武田塾は一人一人に合わせた個別のカリキュラムを作り、その計画に沿って日々の自学自習を徹底的に管理していきます。

単に個別に教えるだけでなく、適切なペースで「宿題」を出し、自学自習の方法を明確にし、「テスト」によって宿題をしっかりやっているかを確認し、できていなければ先に進みません。

塾生は毎回テストがあるため宿題をしっかりこなそうとし、伸び悩む受験生に多い授業の受けっぱなし、テキストのやりっぱなしを防ぎ、結果として確実に実力がつき、志望校のレベルまで最も効率的に到達させます。

「わかる」だけでなく「やってみる」「できる」というところまで個別で親身になって徹底指導・管理するのが武田塾です。

 

武田塾生の1日

 

ただ今、無料受験相談のお申込みを多数頂戴しております!!

事前予約をして頂けましたら、お待たせすることなくご案内できますので、是非ご予約頂けますよう、宜しくお願い致します(^^)/

 

無料受験相談お申し込みフォームはこちら

メールでのお申込みはashiya@takeda.tvまで。

お電話でのお申し込み・お問い合わせは

TEL:0797-62-6851
(電話受付時間 月〜土曜日 13:00~22:00)

 

「校舎独自サイトはこちら」

 


大学受験の逆転合格専門塾【武田塾芦屋校】
〒659-0093兵庫県芦屋市船戸町4−1ラポルテ本館3階302-2
(JR芦屋駅直結・徒歩1分道順ブログこちら。)

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 芦屋校へ