直前期に役立つ!効率的な「情報の一元化」で最強の一冊をつくれ!

青砥校・

超効率UP!「参考書の一元化」

葛飾区周辺にお住まいの皆さん、青砥駅、お花茶屋駅、高砂駅、立石駅、亀有駅、新小岩駅をご利用の皆さん、こんにちは!大学受験塾・予備校 武田塾青砥校(葛飾区青戸)です!

 

今回は、直前期に役立つ超効率的な参考書の一元化について解説します。

直前期は過去問や予想問題集など、演習量をこなしていくことで精一杯になりがちですが、超効率化を図る策を紹介します。

 

ミスを減らすためにも、参考書に戻るときにどれに戻ったらいいか迷っていると時間がもったいないということにも有効なので、この時期にさらに効率を上げたい方必見です!

 

「参考書の一元化」とは

 

今は共通テスト、私大いずれにしても過去問や予想問題を使ってどんどんアウトプットをしている最中だと思います。

 

皆さんはミスした知識や今まで知らなかった知識をどのように復習していますか?

 

ミスした内容・復習をノートや過去問にメモするのもいいのですが、「今まで間違えた情報が一冊に全部集約されているというテキスト」があれば

その一冊の復習さえすれば全ミスをカバーできるようになります!

 

このように一元化された一冊をつくることで、復習が大幅に楽になるのです。

 

paper-3033204_640

 

例えば日本史の参考書であれば・・・

 

『石川晶康 日本史B講義の実況中継』の別冊

 

612p6IdKxiL (1)

 

この別冊には詳しい情報がもともと収録されています。

 

具体的な進め方

 

ここに

・並行で使っている『一問一答』の新情報

・過去問を解いて知らなかった知識

・細かい解答の仕方や視点

などを書き込んで、今までやったことを全部一冊に集約するということをやってほしいです!

 

参考書に手を加えて進化させるというイメージです!

 

実際に受かった人の参考書を見ると分かりやすいですが、綺麗な状態で書き込みがないということはないでしょう!

 

このようにして知識レベルが向上したら、同じ知識でも視点を変えた解答力を向上させることができます。

 

他にも・・・

 

『きめる!共通テスト』シリーズなど、講義系の参考書がおすすめです。

 

71g7k0B1nSL

 

春から模試を大量に受けていると思いますが、模試の今まで間違えた箇所を遡って、間違えていた問題を参考書にどんどん書き足していきましょう

 

模試以外にも過去問を10年分、予想問題集を10年分などたくさん解いていると思います。

それら合わせて30年分ほどの情報を一冊に収めたら、1月に入ってからの復習が本当に楽になります!

1月に入ってから模試全部を復習するのは大変です・・・

 

この、自分の間違えが詰まった参考書があれば共通テストや本番の直前期にも、一冊の参考書の復習で事足りるのです!

もしこれがなければ、入試前日に復習したいとなったときに模試や過去問を何十年も持ってきて復習をしなければいけませんが、それは不可能でしょう・・・

 

入試本番当日に「これだけ最低限持っていけば大丈夫」という会場でも見られる一冊をつくるというイメージです!

 

もちろん、つくっただけで満足するのではなくて、その一冊を入試までに10~20周繰り返し続けましょう!

そうすることで初めて点数につながります!

 

1回ミスしたことは本番で絶対にミスしない覚悟で一元化を進めていきましょう!

 

今回のまとめ

 

直前期に一元化した一冊があれば復習が楽になります!

 

やり方としては、模試・過去問・予想問題集の情報を一冊に集約していきましょう!

 

再び同じことを間違えないように、その一冊を何度も繰り返して完璧にしましょう!

 

 

無料受験相談

*******************************************

【武田塾青砥校 葛飾区青戸の大学受験塾・個別指導塾・予備校】

◆郵便番号:〒125-0062

◆住所:東京都葛飾区青戸3‐37-6 holy.com2階

(京成線青砥駅から徒歩1分)

◆電話番号:03-6662-6013

◆受付:  13:00-22:00(日曜を除く)

◆自習室: 平日 13:00-22:00(日曜を除く)

      日曜日 10:00-18:00

武田塾青砥校の公式スマホサイトはこちら

*******************************************