僻地キャンパスこそ絶対に受けよう!!実力より上の大学に合格!!

青砥校・

僻地キャンパスこそ絶対に受けよう!!実力より上の大学に合格!!

葛飾区周辺にお住まいの皆さん、青砥駅、お花茶屋駅、高砂駅、立石駅、亀有駅、新小岩駅をご利用の皆さん、こんにちは!大学受験塾・予備校 武田塾青砥校(葛飾区青戸)です!

今回はへき地キャンパスについてです。

へき地にあるからなんとなく受験するのをためらっていませんか?!

家から通えないという理由なら仕方ありませんが、へき地キャンパスを受験することにもメリットがあります!

へき地キャンパスを受験することのメリットについて紹介していきたいと思います。

受験校を決めるのに悩んでる受験生必見です!へき地キャンパスを受験しましょう。

 

へき地キャンパスって何?!

へき地キャンパスについて説明します。これはキャンパスの立地で分けられます。

メインキャンパスはその地域の中心部にあるキャンパスで、その反対に郊外にあるキャンパスをへき地キャンパスと言います。

以下がへき地キャンパスの例です。

早稲田大学:所沢キャンパス

慶應義塾大学:湘南藤沢キャンパス

青山学院大学:相模原キャンパス

法政大学:多摩キャンパス

立教大学:新座キャンパス

東京理科大学:野田キャンパス

明治大学:生田キャンパス

 

へき地キャンパスを受験するメリット

有名大学への合格可能性が上がる?!

例えば、早稲田大学ならどこでもいいと併願しますが、所沢キャンパスにある人間科学部・スポーツ科学部は併願しない受験生が多くいます。

ですが、ここで他の人が受験しないすきにこれらの学部を受験すると合格可能性が上がりますよね。

本当に早稲田大学に行きたいのであればへき地キャンパスも受験しましょう!

MARCHブランドで就活するよりも就活も有利になる場合もあるのでチャレンジしてみましょう。

 

周辺の家賃が安い

地方から東京の大学に進学する場合一人暮らしを始めますね。

都心部の家賃は10万円くらいしてしまいます。しかし、埼玉や神奈川の郊外の家賃は5〜6万円でリーズナブルに一人暮らしができます。

都心部より安いので学費に当てたり、自分のためにお金を使うことができますね。

 

学生同士の親密度が高い

キャンパスが広く、専門性の高い学部が多いので、学生同士の仲が良いイメージがあります。

主な授業やサークルは本キャンパスでもできるのでデメリットはありません!

移動時間は確かにかかってしまうので、移動時間を有意義に過ごす工夫は必要ですが、本キャンパスとの間に住むのもいいですね。

 

*******************************************

【武田塾青砥校 葛飾区青戸の大学受験塾・個別指導塾・予備校】

◆郵便番号:〒125-0062

◆住所:東京都葛飾区青戸3‐37-6 holy.com2階

(京成線青砥駅から徒歩1分)

◆電話番号:03-6662-6013

◆受付:  13:00-22:00(日曜を除く)

◆自習室: 平日 13:00-22:00(日曜を除く)

      日曜日 10:00-18:00

武田塾青砥校の公式スマホサイトはこちら

*******************************************

タグ:, ,