文転という手段がある!文理選択を失敗したと思っている人に提案!!

青砥校・

文転という手段がある!文理選択を失敗したと思っている人に提案!!

葛飾区周辺にお住まいの皆さん、青砥駅、お花茶屋駅、高砂駅、立石駅、亀有駅、新小岩駅をご利用の皆さん、こんにちは!大学受験塾・予備校 武田塾青砥校(葛飾区青戸)です!

 

今回は文転について紹介していきたいと思います。

理系にいたけど文系に行きたくなった。文系の方が楽しそう。理系科目が合わない。などなど、理系に来てしまい後悔した受験生もいると思います。

文転しようか悩んでいる受験生必見です!

この記事を参考にして、文転を決意するなり思いとどまるなりしてみてください!

study_night_boy

文転とは

まず、文転という言葉を初めて聞いた受験生向けに文転の説明からしていきます。

文転とは、理系科目で理系受験しようとしていたが、文系として受験することにすることです。

今まで理科や数学の勉強を行なっていたけれど、その教科の勉強がなかったことになってしまい、新たに社会などの文系科目を勉強するので労力はかなりいるイメージがしますよね。

時と場合によっては文転した方がいい場合も全然あり得ますし、文系の学部でやりたいことができる人もいると思います。

これから文転について詳しく説明していきたいと思います。

 

本当に理系で大丈夫?!

一昔前は、理系の方就職に有利だなど噂されていたこともあります。また、手に職つけたいなどの理由で理系に進む人やとりあえず理系に進む人も多いと思います。

ですが、理系だから就活に有利という噂も最近聞かなくなりました。手に職つけるとなるとその専門分野を勉強し続けなければいけません。興味がない分野の場合大変ですよね。

文系科目が得意なのに理系科目に来てしまうと文系で受験した場合よりもいける大学のランクが下がってします場合もあります。

また、興味あることがない場合は大学生活で見つけたいですよね。理系学部に進んでしまうと実験やレポートなどで忙しい上に時間割が朝から夕方までほぼ毎日入っている場合もあります。全休どころか平日は毎日空きコマなしの大学もあります!迂闊に入学しない方がいいですね!

 

理系に進んだまま悩んでいる受験生

理系クラスのまま文系受験できます!

メリットとデメリットを紹介します。

 

メリット:理系教科の負担軽減

数学Ⅲまで勉強していたが、数学2Bまでになるので負担が軽減します。

理科は理科基礎まででいいので相当負担が軽減されます。

 

デメリット:文系科目の負担増加

社会が1科目増えて、国語が2次試験も必要になります。

 

国語・社会の対策

参考書を1〜2冊やれば記述も対応できるので勉強時間はさほどかからないです!

また、社会は講義系参考書で独学しやすいので授業がなくても対応できます!

 

 

 

 

*******************************************

【武田塾青砥校 葛飾区青戸の大学受験塾・個別指導塾・予備校】

◆郵便番号:〒125-0062

◆住所:東京都葛飾区青戸3‐37-6 holy.com2階

(京成線青砥駅から徒歩1分)

◆電話番号:03-6662-6013

◆受付:  13:00-22:00(日曜を除く)

◆自習室: 平日 13:00-22:00(日曜を除く)

      日曜日 10:00-18:00

武田塾青砥校の公式スマホサイトはこちら

*******************************************