【忙しい現役生必見!】勉強時間を捻出する方法!!

青砥校・

勉強時間を捻出する方法!!

葛飾区周辺にお住まいの皆さん、青砥駅、お花茶屋駅、高砂駅、立石駅、亀有駅、新小岩駅をご利用の皆さん、こんにちは!大学受験塾・予備校 武田塾青砥校(葛飾区青戸)です!

 

今回は、勉強時間を捻出する方法についてお話をしていきます。

忙しい現役生の方は参考にしてみてください。

 

①通学時間

使える隙間時間1つ目は通学時間です。100%使ってほしいです。

今高校2年生で通学時間をボーっとしたりスマホを眺めている人がいるならやめてほしいです。受験モードになってください。

通学時間にやることは、基本的には簡単な暗記系、英単語帳を覚えるのがオススメです。

自習室にいるときは、数学とか英語の長文とかをやりたくなると思うので、単語帳はなるべく隙間時間にやりましょう。

 

②食事中

使える隙間時間2つ目は食事中です。

食事中も勉強することでMAXまで効率よく勉強するコツを早いうちに身につけてほしいです。

食事中の1番のオススメは動画です。

学びエイドなどでわからなかった箇所を改めて流れを整理するために見てください。

テレビを見ながら食事をしているのであれば、動画をうまく使って勉強できるモノを取り入れていくのはアリかなと思います。

昼休みはご飯をできるだけ早く食べて図書室に直行して勉強するのもいいと思います。大逆転合格を狙うなら自分1人の環境に持って行ってちゃんと勉強する時間を持ちましょう。

 

③休み時間

使える隙間時間3つ目は休み時間です。1日トータルすると結構あります。

受験勉強の時間を捻出したい目的ならば、休み時間をうまく勉強時間に繋げてほしいです。

 

④お風呂

使える隙間時間4つ目はお風呂です。

長文でもシャドーイングでも数学でもなんでもアリですが、お風呂に浸かっている時間はクリアファイルに入れて勉強が可能です。

5分間・10分間の限られたお風呂の時間で「これを覚えるぞ!」と決めて、それをお風呂で覚えるのがすごく大事です。

まとまった1時間の勉強も15分単位に分割してお風呂の時間を利用してもいいと思います。

 

まとめ

受かる受験生は隙間時間を最大限に利用しています。

効率を意識して勉強する

無駄な時間を使っていないか

勉強に置き換えられる時間がないか

こういったことを常に考えて勉強している人が受験生として伸びやすいです。

通学時間・食事中・休み時間をかき集めたら1日1〜2時間になります。その時間で覚えられることもあるし、成績も上がると思います。

また、その1〜2時間かき集めてでも勉強するという執念が志望校への思いだと思います。

志望校への思いが強い受験生は、覚える・解けるようにする気持ちで普段から集中して勉強しています

今のうちに隙間時間で勉強することで効率よくするためのコツを掴んでください。

志望校への思いを強く持って勉強しましょう!!

ぜひ一度武田塾青砥校に無料受験相談にいらしてください!

無料受験相談

*******************************************

【武田塾青砥校 葛飾区青戸の大学受験塾・個別指導塾・予備校】

◆郵便番号:〒125-0062

◆住所:東京都葛飾区青戸3‐37-6 holy.com2階

(京成線青砥駅から徒歩1分)

◆電話番号:03-6662-6013

◆受付:  13:00-22:00(日曜を除く)

◆自習室: 平日 13:00-22:00(日曜を除く)

      日曜日 10:00-18:00

武田塾青砥校の公式スマホサイトはこちら

*******************************************

タグ:, , ,