【高3生高2生高1生必見】予習・復習のコツ!!!

青砥校・

予習・復習のコツ!!!

葛飾区周辺にお住まいの皆さん、青砥駅、お花茶屋駅、高砂駅、立石駅、亀有駅、新小岩駅をご利用の皆さん、こんにちは!大学受験塾・予備校 武田塾青砥校(葛飾区青戸)です!

 

今回は予習と復習についてお話していきたいと思います!高校には授業がつきものですよね。学校の授業も効率的に利用していきたいですよね。

 

予習・復習とは??

予習と復習はよく聞く言葉ですが、具体的にどのような学習をするべきか難しいですよね。

まず、予習・復習の定義をおさらいしていきましょう!

予習とは

授業を受ける前にする勉強です!授業中の時間を上手に使い分けするためには必要不可欠です!

復習とは

授業を受けた後にする勉強です!授業で扱った問題を二度と同じ問題をやらなくていいくらいに仕上げましょう。

こちらは時間をかけて行うものです。授業を受けっぱなしにしないようにしましょう!

 

予習のコツ

予習の定義がわかったらどのようによしゅうすればいいでしょうか!ここで予習のコツを紹介していきます!

予習は振り分け!

予習は振り分けが大切です!具体的には、わかる・わからないを振り分けします。

自分のわかることはどこで、逆にわからないところはどこかを知ることによって授業の時間は自分のわからないことに集中できます。

わかっていることは、本当にわかっているかどうか先生の話をきいて確認しましょう。

 

予習は完璧にする必要はない!

予習は授業を聞くための準備です!授業でこれから習うことができるので完璧に予習してくる必要はありません!授業のなかでわからないことに専念し解決しましょう!

 

予習に何時間もかけてしまうと...

予習に何時間もかけてしまうことは禁物です!できないことに多くの時間をかけてしまい非効率的です。あまり多くの時間を費やさないように注意しましょう。

何がわかっていて何がわかっていないか区別することだけ短時間で終わらせましょう。

 

復習のコツ

あとでその問題が解けることを意識

1週間後・1ヶ月後も同じ問題が解けることを意識しましょう!自力であとでも解けることをがポイントです。

わからない問題がないように仕上げましょう。

わからなかった問題をこれを機に自分の解ける問題ストックに入れましょう!

 

復習をしないと...

予習した段階でわからないところを発見し、授業中にわかるようになっても復習をしないと意味ありません!

復習によってその問題が初めてできるようになります。その場限りの正解にせずにこれからも解ける問題にしましょう!

「この問題どこかで解いたことある...、けど解法は全く思いつかない」という状況にならないようにしましょう。

将来的には入試や定期テストで解くことができるようになるためには復習はかかせません。

復習をすることにより授業の時間を有効活用したことになります。

今なんのために勉強をしているのか、どういう目的で勉強をしているのか考えながら復習をすることがたいせつです。

 

まとめ

予習編

・予習とはわかる問題とわからない問題をわける作業

時間はかけすぎないこと

・授業中は予習でわからなかった問題に専念する

 

復習編

・授業で初めて分かった問題を完璧に仕上げる作業

・先にある試験でも解けるようにする

どのような目的で勉強しているか意識

 

高校生の場合、学校の授業を完全に切ることはできないですよね。内職をしていると内申点にひびいていまう場合もあるかもしれません。予習と復習を使って授業を有効活用していきましょう!

 

 

 

*******************************************

【武田塾青砥校 葛飾区青戸の大学受験塾・個別指導塾・予備校】

◆郵便番号:〒125-0062

◆住所:東京都葛飾区青戸3‐37-6 holy.com2階

(京成線青砥駅から徒歩1分)

◆電話番号:03-6662-6013

◆受付:  13:00-22:00(日曜を除く)

◆自習室: 平日 13:00-22:00(日曜を除く)

      日曜日 10:00-18:00

武田塾青砥校の公式スマホサイトはこちら

*******************************************

タグ:, ,