共通テストってどんな内容?私大志望でも受けた方がいい?(大学受験対策)

青砥校・

共通テストってどんな内容?(大学受験対策)

葛飾区周辺にお住まいの皆さん、青砥駅、お花茶屋駅、高砂駅、立石駅、亀有駅、新小岩駅をご利用の皆さん、こんにちは!大学受験塾・予備校 武田塾青砥校(葛飾区青戸)です!

今回は、受験相談でも質問が多く、受験生の皆さんも高校1年生、2年生の皆さんも疑問に思っている方が多い共通テストについてお話をしていきます。

 

共通テストの出題方法

man-3653346_640

まず、共通テストの出題方法についてになります。

国語と数学1Aについては元々記述があるという予定だったのがなくなりました。

・国語   → 80分 マーク式 

・数学1A  → 70分 マーク式

・数学2B  → 60分 マーク式

・英語   → 【リーディング】80分 【リスニング】60分(うち解答時間30分) マーク式

・社会   → 1科目選択 60分 2科目選択 130分(うち解答時間120分) マーク式

・理科   → 【理科①】2科目選択 60分 【理科②】1科目選択 60分 2科目選択 130分(うち解答時間120分) マーク式

 

共通テスト【問題作成方針】

共通テストの問題作成の基本的な考え方として以下のように発表されています。

大学入試センター試験における問題評価・改善の蓄積を生かしつつ、共通テストで問いたい力を明確にした問題作成

高等学校教育の成果として身に付けた、大学教育の基礎力となる知識・技能や思考力、判断力、表現力を問う問題作成

「どのように学ぶか」を踏まえた問題の場面設定

 

つまり、ただ暗記すれば良いというものだけではなく、その場で考えて解決する問題が増えていくということになるようです。

共通テスト【英語の出題傾向】

ちなみに、英語の出題傾向をまとめるとこのようになります。

※各教科毎の内容については、また改めて別の機会に触れていきたいと思います。

 

文法、発音・アクセントの単独出題がなくなる

→長文が主体の問題になる

 

長文の難易度は低くなる

→英検3級~2級レベルの問題

 

与えられた文章に関して考える力が重要

→どんな情報を得るべきか判断する必要がある

 

問題分をしっかり読んで考える練習が必要

→インプット教材は今までと同じでいいが、最終的に共通テスト対応の問題集をやる

 

また、英語のリスニングについては、以下のようになっています。

 

配点について

リスニング  100点

リーディング 100点

合計     200点

 

試験時間

問題を聴く時間 30分

問題を解く時間 30分

合計      60分

 

配点が倍になっていますが、必ずしも問題数が倍になるということではないようです。多少問題数が増える可能性もありますが、倍ということはないと予想されます。

 

 

私立大学志望でも受けた方がいい?大学入試の変化

paper-3033204_640

共通テストは国立大学志望の方のみのものではなく、現在は私立大学の受験戦略としても欠かせないものになっています。

多くの私立大学で「共通テスト利用方式」が導入されており、受験生にとっては各大学に行って独自の試験を受けずにすむため、負担が少なく、大学側にとっても試験作成の手間もなく、双方にとってメリットのある方式のため、この傾向は続いていくでしょう。

ただし、募集人員が少ない場合もあり、受験する人数も多くなることが予想され、通常の試験よりも難易度が上がる可能性もあります。

また、一部の私立大学では共通テストが必須となっている大学もありますので、自分の志望大学の情報はしっかりチェックしておいてくださいね。

 

共通テスト利用の私立大学

ここで、共通テスト利用の入試を行っている大学をあげていきますので、参考にしていただければと思います。

※尚、詳細は必ず入試要項の情報を確認してください。

 

早稲田大学

 政治経済学部、法学部、社会科学部、人間科学部、スポーツ科学部

 

明治大学

 法学部、商学部、政治経済学部、文学部、理工学部、農学部、経営学部、情報コミュニケーション学部、国際日本学部、総合理工学部

 

青山学院大学

 文学部、教育人間科学部、経済学部、法学部、経営学部、国際政治経済学部、総合文化政策学部、理工学部、社会情報学部、地球社会共生学部、コミュニティ人間科学部

 

立教大学

 文学部、異文化コミュニケーション学部、経営学部、経営学部、理学部、社会学部、法学部、観光学部、コミュニティ福祉学部、現代心理学部

 

中央大学

 法学部、経済学部、商学部、理工学部、文学部、総合政策学部、国際経営学部、国際情報学部

 

法政大学

 法学部、文学部、経済学部、社会学部、経営学部、国際文化学部、人間環境学部、現代福祉学部、キャリアデザイン学部、GIS(グローバル教養学部)、スポーツ健康学部、情報科学部、デザイン工学部、理工学部、生命科学部

 

上智大学

 神学部、文学部、総合人間科学部、法学部、経済学部、外国語学部、総合グローバル学部、理工学部

 

◆東京理科大学

 理工学部、工学部、薬学部、理工学部、先進工学部、経営学部、理学部

 

日本大学

 法学部、文理学部、経済学部、商学部、国際関係学部、理工学部、生産工学部、工学部、歯学部

 

東洋大学

 文学部、経済学部、経営学部、法学部、社会学部、国際学部、国際観光学部、情報連携学部、ライフデザイン学部、理工学部、総合情報学部、生命科学部、食環境科学部

 

駒沢大学

 仏教学部、文学部、経済学部、法学部、経営学部、医療健康科学部、グローバル・メディア・スタディーズ学部

 

専修大学

 経済学部、法学部、経営学部、商学部、文学部、人間科学部、国際コミュニケーション学部、ネットワーク情報学部

 

 

慶応義塾大学については、以前より発表されている通り、大学入学共通テストの利用はありません。

 

まとめ

このように、慶応義塾大学を除くほとんどの主要私立大学で共通テスト利用があります。

より良い条件や、自分に合った条件で受験が出来るよう、情報を常に収集する必要がありますね。

共通テスト単独で合否が決まるものや、大学独自の試験と併用するものもありますので、志望大学の入試要項は必ず確認しておいてください。

 

また、英語外部検定利用入試を実施する大学も増えています。

内容は各大学により様々ですが、大学独自の英語の試験の得点に換算というものもあり、入試の得点と高い方の得点で合否判定が行われる場合や、入試の総合点にプラスで加点される場合など、優遇される内容も多いため、余裕をもって受験が出来るよう、予め準備しておくと良いかと思います。

 

こういった情報も含め、大学受験のお悩みやご相談は武田塾青砥校の無料受験相談へお越しください。

無料受験相談

 

*******************************************

【武田塾青砥校 葛飾区青戸の大学受験塾・個別指導塾・予備校】

◆郵便番号:〒125-0062

◆住所:東京都葛飾区青戸3‐37-6 holy.com2階

(京成線青砥駅から徒歩1分)

◆電話番号:03-6662-6013

◆受付:  13:00-22:00(日曜を除く)

◆自習室: 平日 13:00-22:00(日曜を除く)

      日曜日 10:00-18:00

武田塾青砥校の公式スマホサイトはこちら

*******************************************

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 青砥校へ