まだまだ間に合う!?受験勉強!夏からの逆転合格は可能なの?

青砥校・

夏休み明けからの受験勉強でも間に合うの?

葛飾区周辺にお住まいの皆さん、青砥駅、お花茶屋駅、高砂駅、立石駅、亀有駅、新小岩駅をご利用の皆さん、こんにちは!大学受験塾・予備校 武田塾青砥校(葛飾区青戸)です!

今年はコロナの影響もあって、学校の授業のペースや夏休み、行事の日程などがイレギュラーとなって、特に高校三年生の方は大変ですよね…

そういった中で、なかなか大学受験の勉強へ臨む態勢が整わなかったり、ようやく部活の最後の大会が終わったりして、今から受験勉強を始めていくという方もいらっしゃると思います。

そこで、今回は今の時期から大学受験の勉強をして間に合うの?という点についてお話をしていきたいと思います!

肝心なのはやる気と集中力!

max16011542_TP_V4

いきなり精神論でくるのかと思われる方もいるかもしれませんが、不確かなことをお伝えするつもりはありませんし、絶対に今からでも志望大学に合格できます!というようなことをお話するつもりもありません。

高3の4月から受験勉強をしている方や、高2から受験勉強を始めている方と比べて時間がないのは確かな事実です。

だからと言って絶対に無理ということもありません!

期間が短い分、より集中してやる気を持って勉強すれば、夏からでも着実に成績を伸ばして、志望校のレベルに到達することも可能です!

精神論ばかりではなく具体的なお話をしていきましょうか!

 

受験勉強に必要な学習の段階

大学受験の勉強には、大きく分けると三段階があると思います。基礎をしっかり固めていき、次に応用として演習問題をこなしていき、最後に志望校の過去問で、志望校の大学の入試の傾向と対策をしていく。という流れになりますが、夏から受験勉強を始める場合、期間が短い分、どこかを削らなければいけないケースも出てきます。

そうなった場合、当然基礎は外せません。基礎をしっかり固めて完璧にしていくことは一番重要となります。家を建てる時も基礎がしっかりしていないと…と家を例に説明する流れを聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、その通りです。

そうなると、演習問題か過去問対策を削ることになりますが、過去問対策はある程度直前にやっておきたいことを考えると、演習問題を削ることになりますが、ここは自分の判断だけで削っていくのはとても危険です!

そしてその判断は本当に難しい部分となりますので、是非、武田塾青砥校の無料受験相談へお越しいただき、受験のプロである我々にご相談いただければと思います!

お気軽にご連絡ください!

無料受験相談

 

*******************************************

【武田塾青砥校 葛飾区青戸の大学受験塾・個別指導塾・予備校】

◆郵便番号:〒125-0062

◆住所:東京都葛飾区青戸3‐37-6 holy.com2階

(京成線青砥駅から徒歩1分)

◆電話番号:03-6662-6013

◆受付:  13:00-22:00(日曜を除く)

◆自習室: 平日 13:00-22:00(日曜を除く)

      日曜日 10:00-18:00

武田塾青砥校の公式スマホサイトはこちら

*******************************************

タグ:,

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 青砥校へ