他の予備校と何が違うの?武田塾(個別指導塾との違い編)

青砥校・

他の予備校と何が違うの?武田塾(個別指導塾との違い編)

葛飾区周辺にお住まいの皆さん、青砥駅、お花茶屋駅、高砂駅、立石駅、亀有駅、新小岩駅をご利用の皆さん、こんにちは!大学受験塾・予備校 武田塾青砥校(葛飾区青戸)です!

暑い時期が続きますが、コロナ対策はもちろん、熱中症にも気を付けてくださいね!

今回は、前回に引き続き、他の大学受験予備校と何が違うの?について、個別指導塾との違いについてお話をしていきます!

前回もお伝えしましたが、ここでお伝えしたいのは、どの塾が一番良い、悪いということではなく、それぞれ自分に合った塾を選んでいただきたいということです。自分に合った塾というのは、自分の性格を振り返って、どういうサポートがあれば受験勉強を続けていけるかという視点で考えてみてください。自主的に勉強出来る方もいれば、ある程度強制された方が勉強を続けていける方もいると思います。そういったご自身の性格や、今までの勉強との付き合い方を振り返って自分に合った塾を見つけてください!

他の個別指導塾とは何が違うの?

YUKI0211008_TP_V4

武田塾も大きく分けると、個別指導塾というカテゴリーになりますが、一般的な個別指導塾とは違います。

一般的な個別指導塾では、1対1もしくは1対2などの状況で担当の先生についてもらえて、分からないことがあればいつでもその先生に質問が出来るという形だと思います。他の人を気にすることなく、自分のペースで進めることが出来て、自分が分からないことについて質問が出来ます。集団授業では、なかなか質問をしにくいという方も個別指導では質問がしやすいかと思います。

このことから、一般的な個別指導塾に向いているのは、自分で受験勉強をはじめてみたけど、わからないことが多くて、周りを気にせずに質問をしたいという方に向いていると思います。

 

一方で武田塾での個別指導で何をするかというと、質問対応もしていますが、質問は生徒さんが自分自身で気が付いたわからないことになるかと思いますが、自分が気が付いていない、分かっていると思っていても本当は分かっていないことを担当の先生が見つけて、それをなくしていくことを目標にしています。

具体的に言うと、参考書を学習していくと、真面目に勉強している方ほど、同じ問題を何回も解くので、答えの暗記になってしまいがちです。それでも良いものもありますが、英文法など選択肢の問題を番号や選択肢で覚えても、本番の入試を解くことは出来ません。そういったことを防ぐためにも、正解している問題でも、どうしてその答えになるか理由を答えられるかどうかを確認しています。

武田塾での出来るの基準は、その問題が解けないお友達に、説明してあげられるかどうかです。

そのため、武田塾に向いている方は、受験勉強をしているけど、成績が上がらない方や、普段勉強をしているときには解けるのに、テストでは解けなくなってしまう方に向いていると思います。

他にも武田塾では、勉強方法や勉強の進め方、どういう順番で勉強していけばよいか等を指導していますので、気になる方は是非受験相談へお越しください!

 

 

無料受験相談

*******************************************

【武田塾青砥校 葛飾区青戸の大学受験塾・個別指導塾・予備校】

◆郵便番号:〒125-0062

◆住所:東京都葛飾区青戸3‐37-6 holy.com2階

(京成線青砥駅から徒歩1分)

◆電話番号:03-6662-6013

◆受付:  13:00-22:00(日曜を除く)

◆自習室: 13:00-22:00(年中無休)

武田塾青砥校の公式スマホサイトはこちら

*******************************************

タグ:, , ,

関連記事

他の予備校と何が違うの?武田塾(集団授業の予備校との違い編)

他の予備校と何が違うの?(集団授業の予備校との違い編) 葛飾区周辺にお住まいの皆さん、青砥駅、お花茶屋駅、高砂駅、立石駅、亀有駅をご利用の皆さん、こんにちは!逆転合格大学受験予備校 武田塾青砥校(葛飾…