【共テ後!】判定はどこまで気にすればいいの?出願はどうする??

青葉台校・

皆さん、こんにちは!

青葉台駅徒歩1分でアクセス抜群の「授業をしない」大学受験予備校、武田塾 青葉台校 です。

 

==========================================

 

武田塾青葉台校には

横浜市青葉区、都筑区、緑区、旭区、町田市、大和市 をはじめ、

横浜市周辺の地域 から沢山の受験生が通塾しています。

 

東京大学・筑波大学・横浜国立大学・千葉大学・東京都立大学・埼玉大学・東京工業大学・一橋大学・東京外国語大学・お茶の水女子大学・横浜市立大学・東京農工大学・東京学芸大学・電気通信大学などの国公立大学をはじめ、
早稲田大学・慶應義塾大学・東京理科大学・上智大学といった難関私立大学や、MARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)、日東駒専(日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学)等に逆転合格したい受験生を応援する 大学受験逆転合格専門塾 です。

無料受験相談

 

みなさん出願校はだいたい決まっているでしょうか?

〇〇大学!のように確定していなくても大丈夫です。

なぜなら共通テスト後の
自己採点結果を見ない限りは
出願先は決められないので!!

 

しかし要注意が1点あります。それは、

共通テストの自己採点後の出願校決定の方法

です!!

 

この最終決定でズレた選択をしてしまうと
せっかくの受験勉強が水の泡になりかねません。

 

今回はこの”共通テスト自己採点後の出願決定”について紹介します!

 

 

自己採点後の落とし穴は”判定”

1月中旬の土日に共通テストを行い、
月曜日に自己採点を行うひとがほとんどです。

高校3年生は学校で一斉に自己採点を行います。
(このときの教室の空気はここでしか味わえません)

 

自己採点が終わった後、学校や予備校では
その点数をネット上のシステムにかけ、
各志望校の合格可能性を判定として出します。

模試と一緒ですね。

A~E判定が出るアレです。

 

question-2309040_1280

 

もちろん膨大な数の受験生のデータから
算出される判定ですので、
参考にはなります。

 

が、しかし!

 

判定”だけ”をあてにすると次のような落とし穴がありえます。

 

落とし穴❶:予備校ごとに判定が違うんだけど…?

これは毎年最もよく出てくる質問です。

判定システムを運営する予備校さんは
河合塾さん、駿台さん、東進さんなど複数あります。

どれも各々のアルゴリズムに沿った
算出ですので、どれが良いとか悪いとかはありません。

しかし結果的に
「何を信じればいいかわからない…」
ってなってしまいますよね。

 

落とし穴❷:低い判定が出たけど、2次試験で逆転は不可能なの?

EやDなどの判定が出たけど、
そもそも共通テストの配点が低い大学はたくさんあります。

例えば千葉大学の教育学部は、
共テ:2次=450:1000
という比率です。

共通テストの点数が低かったら
判定も当然低く出ますが、
そもそも”2次試験で逆転できる”かもしれませんよ?

 

落とし穴❸:高い判定が出たけど、2次対策は十分なの?

落とし穴❷の逆パターンですね。

共通テストがうまくいって
高い判定が出たからといって、
勇み足で出願するのは少し待ちましょう。

考えられる落とし穴は、

”2次試験で充分な点数が出せずに不合格”

です。

極端な話、
いくら共通テストでA判定が出ても
2次試験が0点では合格はまずありません。

 

落とし穴❹:私立大学の判定

私立大学の試験も、共通テスト後に判定を出すことはできます。

しかし共通テストを利用しない試験での
判定はどこまで信用できるでしょうか?

共通テストは独自の出題の仕方(特に数学)
ですので、共通テストは苦手でも
私立大学の個別試験では得点できるひとは少なくありません。

 

 

共通テストの判定以外で出願校を決める方法

ここからは、
判定に惑わされずに出願先を決定する方法
3STEPに分けて紹介します。

崖を跳びこえる女性

 

STEP1:自己採点をし、志望大学の合格平均点を調べる。

まずはなにがなんでも
共通テストの自己採点はしなければ話は始まりません。

その後、出願するか悩んでいる大学の
”合格平均点”を調べましょう。

ここでいう合格平均点は
「共通テスト+2次試験」の合格平均点です。

共通テストだけの合格平均ではないので注意です!!

 

加えて、
「平均点ではなく合格最低点でよいのでは?」
という意見もよくききます。

最低点でも構いませんが、
点数は年度によって上下するため
最低点を目標にするのは危険です!

 

例:広島大学経済学部志望の場合…

志望校決定1

今回は仮に以下のような生徒Aさんを
想定して図を作りました。

★共通テスト自己採点結果
900点中610点

★広島大学経済学部(昼)前期日程
・配点は、共テ:2次=900:800
・昨年度の合格平均点は、1700点中1070点

 

STEP2:合格平均点からあなたの共通テストの点数をマイナスする

調べた合格平均点から、
あなたの自己採点結果を引いてみましょう!

すると、
”あなたが2次試験で取らなければならない点数”
が算出されます。

志望校決定2

広大経済学部志望のAさんの場合、

1070ー610=460点

これが2次試験の合格目標になります。

 

STEP3:残りの点数をとれるか過去問から”あなたが”判断する

ここまできたらあと少しです。

STEP2で算出した2次の目標点を%に直し、
過去問を解いて分析をしながら、

「残り日数でこの%までもっていけるか」

を”あなたが”判断しましょう。

志望校決定3

Aさんの2次試験目標点は460点ですので、
460÷800=57.5%
を、あと1か月半で取れるかの勝負になります。

全科目の過去問を解いて解説を読んでみて

・現状何%ぐらいとれるのか
・残り日数で目標まで上げられそうなのか

など、受験生本人がジャッジしてください。

 

「学校や塾の先生がいけるって言ったから…」
「自分は本当は別の大学に出願したかったけど…」

のような言い訳は、あとの祭りです。

 

まとめ

以上のような出願校決定方法を
用いれば、判定による落とし穴はすべて回避できます。

落とし穴❶:予備校ごとに判定が違うんだけど…?

落とし穴❷:低い判定が出たけど、2次試験で逆転は不可能なの?

落とし穴❸:高い判定が出たけど、2次対策は十分なの?

落とし穴❹:私立大学の判定

 

どんな判定が出たとしても

”あなたが2次試験で目標点に届かせるかどうか”

で出願を決めている以上、
判定には意味がありません!!

私立大学や後期試験も同様です!

 

E判定でも、
2次のこの問題レベルでこの%取ればいいならイケる!
となるかもしれませんし、

A判定でも、
この大学の2次試験の問題ニガテだから目標に届かないかも…
となるかもしれません。

 

2次の目標点を算出し、
過去問を解いてみて届きそうかどうか
”あなたが”判断する。

 

ぜひ悔いのない形で受験を終えてください!