中央大学の穴場学部ってどこ?比較的楽にMARCHの学歴を手に!

秋葉原校・

20241
「いい大学に受かりたいけどもうちょっと楽に受かれるところないの...」
「中央大学に行きたいけど難易度が低めの学部を知りたい!」
「中央大学にいろんな学部あるけど注意が必要な学部あるの??」

あなたは今、こんなことを考えていませんか?

たしかに最近、大学の難易度がかなり上がっていて、簡単には有名私立大学に受かれないようになっていますよね。

しかも、同じ大学名でもその難易度が天と地ほど違っているなど、入試システムも毎年難しくなりつつあります。

でもだからといってやみくもに色んな大学や学部に出願しても、全校への対策がなあなあになって逆にどこも受からないなんてことになりかねません。

そこでこの記事では、現役東大生であり、武田塾秋葉原校のスタッフである鶴山が

中央大学の穴場学部について解説します。

この記事を読めば、中央大学のなかでも受かりやすい学部について完全にわかります。

この記事があなたのお役に立ちましたら幸いです。

~~~

「本音を言えば早稲田や慶応に行きたいけど、
今の自分の成績では正直いける自信なんてないなぁ…」

「MARCHに行けたら嬉しいけど…自分じゃどうせ無理だよなあ…」

あなたは今、そんなふうに悩んでいませんか?

しかし、効率の良い勉強法で最速で成績を伸ばせる武田塾・秋葉原校なら
第一志望を妥協するのではなく、あなたが本当に行きたい大学に逆転合格できます!

そんな武田塾では、最強の勉強方法について学べる〝無料勉強相談会〟を行っております。

第一志望に合格したければ、ぜひ下のボタンから
武田塾・秋葉原校の無料受験相談をチェックしてみてください!

無料受験相談

中央大学の穴場学部のメリット

image4

同じ大学名でもその難易度が全然違うことがありますが、では中央大学にも比較的難易度としては受かりやすい穴場の学部が存在するのでしょうか?

他の大学についてもそうですが、情報を必死に探せば、各大学の穴場学部はどれも見極めることが出来るでしょう。

ただし必ずしもそれが毎年適用されているかどうかはわからないので、その年度の募集要項も読んでおきましょう。

 

ネームバリューのあるMARCHの1つである中央大学に比較的簡単には入れるともなれば、少しでもこのあとの就職活動などで有利になりますよね。

ぜひこの後紹介する中央大学の穴場学部についてしっかりチェックして、受験に臨んでくださいね!

中央大学の穴場学部ってどこ?

image1

では具体的には中央大学の穴場学部ってどこなんでしょう?

ざっくり言ってしまうと、偏差値から判断するには、文学部と理工学部が穴場と言えます。

ただ、同じ学部でも専攻によってその偏差値が大きく違っているので、ここから詳しく見ていきます。

① 文学部

文学部は、実はどの大学でも比較的穴場な学部です。

その理由は、就職活動でつぶしが利くのはやはり経済学部とか商学部、法学部で、文学部は不利だと考えられているからです。

 

それを反映してか、中央大学でも文学部の偏差値は60を下回る専攻が多く、入りやすい傾向にあります。

もちろん、問題との相性もあるでしょうから一概には言えません。

さらに、MARCHの中でも実は中央大学は文系の偏差値が低めです。

というのも、他のMARCHの文系のキャンパスは都心部にある中、中央大学は八王子のほうにあるからです。

 

キャンパスが郊外にある分、のびのびとした環境ではありますが、実家から通いたいとなるとやはり交通の便が気になりますよね。

だからこそ、中央大学の文系自体が穴場なのです。

 

つまり!中央大学の文学部は文系のMARCHのなかでも穴場ということになります。

 

その文学部の中でも穴場なのは、国文、日本史、社会(情報)学、心理学以外の専攻です。この4つは文学部の中でも特に人気で、それゆえに偏差値も高い傾向にあります。

 

この4つを避ければ、絶対に合格とまではいきませんが、怪しいラインの人でも合格がぐっと近づきますし、逆に今までは手の届かなかったという人も挑戦できるかもしれない、ということになります。

② 理工学部

 

文学部と同じく穴場なのが理工学部になります。

中央大学の理工学部の偏差値は55~57付近で比較的低いです。

 

この中でも、やはり最近人気なのは情報工学を専門にするところで、この学科のみ偏差値60です。

ですから、情報工学科を目指さなければ、中央大学の理工学部という肩書は手に入りやすいことになります。

 

行きたい学科があるのであれば話は別ですが、理工学部の中でもお勧めしたいのが応用化学科。ここは偏差値55と低いですが、就職に有利になります。

 

なぜなら、化学系は引く手あまただからです。どんな企業でも基礎となる材料分野は化学を必要としますし、日本企業のほとんどはこの化学系の採用を重要視しているので、常に人材が必要なのです。

大学生活が他よりブラックという噂はありますが、そのぶん就職では一歩リードできる応用化学科。少し視野に入れてみるといいかもしれませんね!

これらの情報をぜひ活用して、中央大学の合格を勝ち取ってください!!

中央大学の穴場学部まとめ

今回は中央大学の穴場学部についてご紹介してきました。

中央大学の最大の穴場学部は、文学部と理工学部です。もちろん問題との相性はありますが、中央大学中でも偏差値が低めなのはこの2つの学部でしょう。

とくに文学部について注意が必要なのは、そのキャンパスが八王子であること。ほかのMARCHの文系キャンパスが都心部にあることを考えると、実家から通うのか1人暮らしをするのかについてはよく考える必要がありそうですね。

ぜひこれらを参考に、自分に合った学部を見つけてください!

 

 

■無料受験相談 受付中

秋葉原校では、無料受験相談を実施しております。

東大に合格した校舎長が直に

「志望校に受かるための勉強方法」

「受験生はいつまでに何をやっておくべきか?」

「成績をあげるには?」

など入塾の意思を問わず、どんな悩みや相談にも無料でお応えします!!

塾選びの前にまずは話だけという方も大歓迎です!

受験を絶対に成功させたい方はぜひ一度相談にお越しください!

無料受験相談

 

■LINE

秋葉原校には公式LINEがあります!

LINEから受験相談の申し込みや勉強相談も可能です。

⬇︎こちらも無料で登録できます⬇︎

 

 

■武田塾 秋葉原校

東京都千代田区神田佐久間町3丁目28番地

星野ビル4F

TEL:03-5809-3789

Mail:akihabara@takeda.tv

■武田塾 秋葉原校に関するブログ

「武田塾 秋葉原校」の校舎情報やアクセスルートについて

[武田塾 秋葉原校]秋葉原校の一日や校舎の様子を紹介!!

[武田塾秋葉原校]秋葉原校のコースについて丁寧に解説します!

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 秋葉原校へ