武田塾秋葉原校の校舎長、清水先生の自己紹介!どんな雰囲気の校舎?

秋葉原校・

清水さん

 

みなさん、こんにちは!
武田塾、秋葉原校の校舎長の清水です!

今このページを見てくれているあなたは、
「武田塾っていう、授業をしないらしい塾が気になる…

場所的に秋葉原校がいいなって思うんだけれども、秋葉原校ってどんな雰囲気の校舎なんだろう…?」と

気になっているのではないでしょうか。

そこで、この記事では

校舎長、清水の自己紹介をしたいと思います!

なぜ清水先生は武田塾秋葉原校の校舎長をやっているのか?

HP用の写真

私は東京大学を卒業した後、武田塾・秋葉原校の校舎長をやっております。

なぜ私が武田塾の社長をやっているのか。

その理由は、自分が今までやってきた効果のある勉強法と、武田塾の教える勉強法がほぼ一緒であり

この効果的な勉強法をもっと世の中に広めたいから、

そして、成績が伸びなくて、勉強がつまらなくて悩んでる数多くの受験生を救いたいから、

という理由になります。

 

じゃあ、「その効率的な勉強法って何?」って、気になりますよね。

そこで、私の昔のエピソードをお話しさせていただきます。

 

武田塾秋葉原校の清水先生の勉強できなかった過去

image5
私は、今でこそ、卒業した大学も東大ですし
「頭いいんだねー」とか
「生まれつき天才なんだね」とか
言われることが多いです。

 

これ自体はありがたいことではあるのですが、
昔は全然そんなことなかったです。

生まれた時から頭が良かったわけではないのです。

 

小学生の頃には
簡単なテストでも40点や50点を連発していましたし、

ひどい時には20点や30点を取ってしまった時もありました。

 

「自分なりに頑張っているのに、全然成績が伸びない。」

私にもそんな時期があったのです。

普通なら、
勉強が上手く行き始めた人が、

昔のぜんぜんダメだったころのことなんて聞く機会はないと思います。

 

みんな、わざわざ自分の昔の頭悪かった時の話なんて
教えてくれないですからね。

 

私も普通は言わないことですが
こうやって武田塾秋葉原校のことが気になっているあなたには
思い切って伝えてしまおうと思います。

 

 

武田塾秋葉原校の清水先生は、昔は余裕で平均以下。本当に勉強ができなかった昔の話

 

山積み

先ほども言いましたが
簡単なテストでも絶望的な点数を取りまくっていた昔の私。

 

小学生の頃の自分は
とにかく勉強がまともにできませんでした。

 

授業は真面目に聞いていても全然理解できないし、
どれだけ頑張っても覚えられない。

 

先生からは
「もうどうしようもないな」
なんて言われたり

「何で覚えられないんだよ」
と不思議がられたことすらもあります。

 

自分なりに努力はしました。
どうにか覚えようとノートに書いてみる。
だけどもやっぱり覚えられませんでした。

小学生のテストといえば
皆が高得点を取るような簡単なものですが

最初の方に書いた通りそのテストでも40点や50点を連発していましたし、
ひどい時には20点や30点を取ってしまうこともありました。

 

「俺だっていい点数を取りたい。」

 

毎回毎回、低い点数をとって
「どうしようもないな」などと言われていると

だんだん気持ちもツラくなってきます。

 

努力しても結果が出ないので
心が折れそうにもなりました。

 

それでもやっぱり
「自分もいい成績とりたいなー」
って思っていました。

 

頭の良いクラスメイトは

進学塾に通っていて

授業中もスパスパ難しい問題にだって答えられて
テストもいつも80点、90点、100点を取るような感じで。

 

いつもみんなから「すごい」って言われていました。

 

「自分もあんな風に、
いや90点とか100点とまではいかなくてもいいから

せめて60点とか70点とかでもいいから取りたいなぁ」

とやっぱりどこかで思っていました。

 

「頭の構造が違うんじゃないか。」
自分がこれまでのように勉強したところで
成績が上がる自信もありませんでした。

 

そういった進学塾に通っている
天才のようなクラスメイトは

自分とは人種が違うんじゃないか
人間じゃないんじゃないか

とも思ったけれど

 

考えてみれば
進学塾でひたすら勉強しまくっている友達たちと比べて
自分はまだ勉強に本気を出したことは無かったんです。

 

「俺はまだ、本気を出していないだけだ!」

 

image5

「もしかしたら自分はまだ本気出してないだけで
全力で勉強に取り組んだら上位層にいけるのかもしれない。」

という希望が出てきました。

 

もちろん、全力でやってみて
それでも成績が伸びなかった時のことを考えると怖かったです。

 

でも、そのときは
「一回、本気で勉強に取り組んでみよう。」
と決めました。

全ての無駄な時間を切り捨てて
勉強する時間を作りました。

 

そして、自分はもうとにかく本気で勉強に専念しました。

 

 

 

小学生ながら
「どこかで変われないと
これからもずっと今の自分のままだ。」
と感じていました。

 

毎回毎回、
「低い点数を取りたくない」と
テストに怯えるのが嫌でした。

 

とにかく本気で取り組んだんです。

 

当時流行っていたゲームは一切やらないようにしましたし、
友達と放課後遊ぶのもやめました。

 

それだけでなく学校がある日の昼休み、
鬼ごっこの誘いも断って勉強するようにしました。

 

友達からは
「いきなりどうしたんだよ清水。変なヤツ」
って思われていたと思います。

 

それでもよかったんです。

とにかく一回、本気で勉強をしてみて

自分はどうなるのか。

どこまでできるものなのか。

自分の目で確かめてみたかったんです。

勉強に専念したその結果は、
「生活を変えてみ始めてから、しばらく経ったときのテストで確認しよう!」
と決めました。

 

そして、たくさんのテストが一気にまとめてやってきました。

「これまであれだけ頑張ったんだから、
さすがにちょっとは成績も伸びているだろう。」

 

待ちに待った、テストの結果!

image2

自分は
今までの自分では考えられないことですが
テストの返却をウキウキしながら待っていました。

 

 

 

「名前の横には
70点とか、もしかしたら90点とか
書いてあっちゃったりして~www」

 

というような気持ちでテストの返却を待っていました。

ドキドキしながら解答用紙を受け取り、
そーっと見たテストの点数は…

 

 

 

・・・

 

 

 

 

45点でした。

 

結局、点数は全く良くならなかったんです。

40点とか50点とかを相変わらず連発。

 

なんと、酷いやつになると20、30点のやつも
これまで通り普通にありました。

「ま、まだ勉強の成果が出ていないんだ!」
「次こそは伸びているはずだ。」

と自分に言い聞かせて

その後も同じ勉強方法で勉強に専念し
テストを受けましたが

 

結局いつまでたっても成績は上がりませんでした。

 

もう、
「『まだ』勉強の成果が出ていない」
なんて言い訳も自分にすることもできなくなってしまいました。

 

本気でやったのに
自分には勉強内容が覚えられない…

成績が伸びない…

 

悔しくて悔しくて、堪りませんでした。

 

テストの低い点数を見せると
親もがっかりした感じでした。

 

はじめの頃は
「次こそは頑張ってよ。」
と言ってくれていたのに

 

次第に
親も低い点数を見慣れてしまったようで
何も言わなくなってしまいました。

 

低い点数をとっても怒られなくなったのは良かったです。

 

 

 

…でも、
それはそれで
なんだか見捨てられたように感じて悲しかったです。

 

夜寝る前には
自分の情けなさになんとも言えない気持ちが込み上げてきて、
涙がこぼれることもありました。

 

小学生の子供なら、
普通、将来の無限の可能性を考えて夢を見るものなのに

こんな自分では、どうせ何もできない…と。

 

そんな絶望の闇に射す光、根本から変えた勉強方法

qu

そんな絶望の中、
自分はどうにか状況を打開しようと

プライドも捨てて、勉強ができる友だちに
「お願い!いつもどうやって勉強しているのか、詳しく教えてほしい!」
と聞きました。

 

 

そうして、勉強のできる友だちが教えてくれた勉強法は目から鱗の連続でした。

 

「うわ、こんな方法があるのか!」

 

「今までの自分のやり方で
成績が伸びるわけがなかったんだ。」

 

「こういうちゃんとしたやり方でやれば、
こんな俺でも成績が伸びる気がする!」

 

そして、
友だちが教えてくれた内容を
片っ端からひたすら実践してみようと思いました。

 

自分はもうワラにもすがる思いで
友だちから話を聞いたときのメモを読みまくりました。

 

 

そして
聞いたことをそのまま全て、実行しました。

 

80点、90点、100点。一気に勉強できる奴らの仲間入りに

image4

それからはもう早かったです。
みるみるうちに成績が伸びました。

 

友だちに教えてもらったことを
そのままそっくり真似して勉強し始めてからは

80点や90点を連発。

今まで取ったこともないような点数がそこにありました。

100点もちらほら取れるようになりました。

 

一度高得点を取れる勉強方法がわかるようになると
どれだけ調子が悪くても
70点を切ることは一切なくなったんです。

 

昔の自分なら
どれだけ調子が良くても70点すら取れなかったことを考えると、

本当に生まれ変わったとすら言える状況でした。

その後、自分は

中学生になっても、高校生になっても
良い成績をキープし続けることができました。

上位層の〝勉強できるヤツ〟であり続けることができました。

 

それはなんといっても
「正しい勉強法」と出会ったおかげでした。

 

どれだけの努力をしても、自己流で勉強しても
全然成績が伸びなかった自分。

 

こういった経験をしてきた自分だからこそ言えることですが、

 

どれだけ
「自分はダメだ。」
と思っていても

「勉強できない人間なんだ。」
と思っていても、

「頭が良くないからしょうがない。 」
と思っていても、

 

それは全部思い込みです。

 

 

 

そんな思い込み、捨ててしまえばいいんです!

 

 

 

先生に「今回もテストダメじゃないか~ww」なんてバカにされていたとしても

そんなん気にしなくていい!

絶対君もすぐ勉強できるようになります!
すぐ成績を伸ばせます!

 

例えば今、
どれだけがんばっても成績が伸びていなかったとしても、

それは君が悪いんじゃない。

 

正しい勉強方法を教えてくれない学校、
そしてそんな世の中の仕組みが悪いんです。

 

逆に言えば、

正しい勉強方法を知りさえすれば成績は〝勝手に伸びる〟ということです。

 

飛行機に乗りさえすれば
自動的に目的地にたどり着くように、

 

正しい勉強方法を知りさえすれば、
自動的に君の成績はぐんぐん伸びていく。

 

事実、
どん底の状態から
東大に入れるまで成績を伸ばしていたきた私が言うんだから、
間違いないです!

 

そんな「正しい勉強法」とは…?

sandwichman_bnr

というわけで、
今回は滅多に話さない自分の過去、
ダメダメだった頃の話をしてみました。

 

(ダメだったのは勉強方法だったんですけどね。)

 

 

 

武田塾秋葉原校のことが気になっているあなたには

「校舎長の清水先生にもそんな過去があったんだ。」
って知っておいてもらえればと思います。

 

そして、
「成績を伸ばすための正しい勉強方法」ですが…

これはなんと、武田塾の無料相談で無料で教えちゃっています!

 

秋葉原校の校舎まで来てくれれば、清水が直接教えますので

ぜひ来てくださいね。

 

「無料受験相談に興味がある!」

「成績伸ばしたい!」

「自分だって、第一番に合格したい!」

というあなたは、こちらから申し込みをお願いします!

 

無料受験相談

 

それでは、校舎で待ってます!

 

■無料受験相談 受付中

秋葉原校では、無料受験相談を実施しております。

東大に合格した校舎長が直に

「志望校に受かるための勉強方法」

「受験生はいつまでに何をやっておくべきか?」

「成績をあげるには?」

など入塾の意思を問わず、どんな悩みや相談にも無料でお応えします!!

塾選びの前にまずは話だけという方も大歓迎です!

受験を絶対に成功させたい方はぜひ一度相談にお越しください!

無料受験相談

 

■LINE

秋葉原校には公式LINEがあります!

LINEから受験相談の申し込みや勉強相談も可能です。

⬇︎こちらも無料で登録できます⬇︎

 

 

■武田塾 秋葉原校

東京都千代田区神田佐久間町3丁目28番地

星野ビル4F

TEL:03-5809-3789

Mail:akihabara@takeda.tv

■武田塾 秋葉原校に関するブログ

秋葉原の塾なら武田塾秋葉原校がおすすめ!授業をしないで逆転合格!

武田塾 秋葉原校の校舎情報やアクセスをご紹介!

[武田塾 秋葉原校]秋葉原校の一日や校舎の様子を紹介!!

[武田塾秋葉原校]秋葉原校のコースについて丁寧に解説します!

武田塾秋葉原校の強みと特徴を解説!入塾を決める前に雰囲気を知る!

武田塾秋葉原校なら早慶マーチ等の難関私大に逆転合格できる!?

浪人は武田塾秋葉原校に行くべきか?今度こそ第一志望合格!

武田塾 秋葉原校の無料受験相談で第一志望合格の第一歩を踏み出そう!

 

 

 

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 秋葉原校へ