模試の復習ノートの作り方。劇的にライバルに差をつけるために!

秋葉原校・

マーク

「模試を受けてもいつもただ受けるだけで終わっちゃう…」
「模試の復習ってどうやってやるのがいいんだろう?」
「そもそも模試を復習する必要なんてあるの?」

あなたは今、こんなことを考えていませんか?

確かに模試って受けるだけで精一杯で、気づけば復習をせずに放置していた模試がごろごろと…なんてことになりかねませんよね。

ですが、そのまま何も模試の復習をせずにほったらかしにしていたら、実は入試で同じような問題が出て、あなたにとって不利な状況に…?なんてことになってしまうかもしれません。

そこでこの記事では、現役東大生であり、武田塾秋葉原校のスタッフである鶴山が

模試の復習ノートについて解説します。

この記事を読めば、模試の復習ノートの作り方ついて完全にわかります。

この記事があなたのお役に立ちましたら幸いです。

 

~~~

「本音を言えば早稲田や慶応に行きたいけど、
今の自分の成績では正直いける自信なんてないなぁ…」

「MARCHに行けたら嬉しいけど…自分じゃどうせ無理だよなあ…」

あなたは今、そんなふうに悩んでいませんか?

しかし、効率の良い勉強法で最速で成績を伸ばせる武田塾・秋葉原校なら
第一志望を妥協するのではなく、あなたが本当に行きたい大学に逆転合格できます!

そんな武田塾では、最強の勉強方法について学べる〝無料勉強相談会〟を行っております。

第一志望に合格したければ、ぜひ下のボタンから
武田塾・秋葉原校の無料受験相談をチェックしてみてください!

無料受験相談

模試はなぜ復習ノートを作ることが大事なの?

grh

模試は確かに復習するのは気が進みませんよね。
人間の習性として、1度解いた(汚れた)問題は、もう一度は解きたくないという心理が働く、というようなことが言われていますから、気持ちはわかります。

ですが、模試を受けるのはなんのためだったのか思い出してみてください。
自分の今の実力を知る、つまり自分を投影するためですよね。

受け終わった後にそれを分析せずに放置していたら、せっかく自分の苦手や得意を見つけるためにお金を払って受けた模試が台無しですよね。
自分の実力を把握して、それを次へつなげていかなくてはいけないのです。

模試を復習する、ということは自分の苦手を克服するための第一歩です。
模試で解けなかった問題はいわばあなたの苦手分野や、よくしてしまうミスなわけです。

これをしっかり把握して対策すれば、次に受ける模試では、しいて言えば入試本番でも、解けるようになっていたり、正解までミスすることなくたどり着けたりしますよね。

もちろん、模試で出た問題と同じ問題や似たような問題が入試本番で出ることもありますし、模試の復習は、勉強法の中でも効果絶大なものなのです。

模試の復習ノートの作り方

古い本

模試の復習の大切さがわかったところで、では、具体的にどうやって復習するのが良いのでしょうか。

せっかく復習するなら、あとから見直せるほうが良い、ということでノートを作る事をお勧めします。

ここで勘違いしてはいけないのは、何も手の込んだ復習ノートを作る必要はないのです。
ただ自分の間違えたところ、よくミスするところ、苦手な問題を後から見返してわかればそれでよいのです。

ですから、大きいノートを使うのは気が進まない、なんてことであればかわいいメモ帳でも小さいノートでもいいので、自分の気分が上がるノートに、復習ポイントや気を付けるべきポイントをメモしておけばよいわけです。

復習ノートに手をかけるのではなく、時間と労力を本当にかける必要があるのは復習そのものです。ノートはその簡単な要約といったところでしょうか。

では、復習本体はどうすればよいのか、と言うと、根幹から復習する、これにつきます。

どういうことか、具体的に説明しましょう。

1つ間違えた問題があったとき、もしかしたらそれを間違えた原因はもっと根元にある、つまりはその分野や単元そのものを全く理解していない可能性があるわけです。

ですから、間違えた問題に対して復習するとき、その問題のみを解きなおすだけでなく、その反対事項や関連分野まで見直して、必要があれば問題集を使って定着させる、これが復習の理想形態です。

最初はびっくりするくらい多くの復習ポイントがあって、やることが多いでしょう。

でもこれを続けていけば、間違える問題も少なくなって、復習しなくてはいけない分野が減っていきます。

根気が必要な作業にはなりますが、ぜひ一度始めてみましょう。
きっとあなたの力になるはずです。

そしてこの復習をするためにも、やたらに模試を受けるのではなく、受ける模試は選びましょうね。

模試の復習ノートの作り方まとめ

今回は模試の復習についてをテーマにお伝えしてきました。

模試を復習することの大切さ、分かっていただけましたか?

勉強は継続が大切です。続けられるような仕組みを作るためにも、気分が上がるノートなどを使って模試の復習ノートを作ってみてください。

 

 

intro1

intro2

intro3

intro4

intro5

intro6

intro7

intro8

 

無料受験相談

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 秋葉原校へ