浪人して逆転合格を目指す人へ【大学受験予備校の武田塾上尾校】

上尾校・

こんにちは!

武田塾上尾校の新井です。

今日は浪人を検討している方向けの内容になります

過去に数多くの浪人生を指導してきた中で、浪人成功のコツは心得ています。

まだ開校2年の上尾校ですが、現役時全滅という状態から逆転合格を果たした浪人生が何人もいます!

今日はその浪人成功のコツの一部を書いてみたいと思います。

ぜひ最後まで読んでみてください!

浪人はポジティブな選択肢

OY1151013231048_TP_V

浪人に対してネガティブなイメージを持っている人がいるかもしれません。

でも私は、浪人はとてもポジティブな選択だと思っています!

浪人するということは、絶対に行きたい大学や実現したい夢・目標があるということです。

夢や目標を実現するために挑戦することが、ネガティブなはずがありません!

何より、人生は一回きりです。

ずっと後悔を引きずったまま過ごすよりは、1年猛勉強してその先自信を持って過ごす方がポジティブな選択だと思います。

浪人に負い目を感じる必要は全くありませんし、同級生に遅れたと焦る必要もありません!

上尾校の講師も、約半数は浪人経験者です。

そもそも、現役で進学してストレートで就職したとして、それで何かいいことがあるわけではありません。

・何事も安全志向で、大きな成功も挫折もなく過ごしてきた人

・夢や目標を持ち、色々なことに挑戦する中で成功も挫折も経験してきた人

前者を否定はしませんが、私が人間的に魅力を感じるのは後者です。

浪人して今度こそ受験勉強をやり抜き、自分の夢や目標を実現したならば、必ず魅力的な人間になれると断言します!

もちろん家族の理解は必要になるので、浪人に向けてはじっくり話し合いをしてください。

そして、せっかく浪人するからには今度こそ完全燃焼して目標を達成しましょう!

1年間は本当にあっという間です。

のんびりしていたら、すぐにまた次の受験が来てしまいます!

気持ちを切り替えて、早めに次の受験に向けた準備を進めることが大事です。

自分の課題を明らかにすること

4088592_m

次の受験に向けての計画を立てる前に、まずは自分の受験を振り返ってみましょう。

成功にも失敗にも必ず原因があります。

なぜ思うような結果が出せなかったのか、原因を明らかにすることが大事です。

特に多いのは以下の3つはないでしょうか。

①受験勉強を始めるのが遅かった

②受験勉強のやり方、努力の方向性を間違えていた

③受験勉強を一定のペースで継続できなかった

他にも、受験勉強を通じて学んだことが必ずあるはずです。

箇条書きでいいので、ノートに書いてみると良いでしょう。

勉強内容に関すること、取り組み方に関すること、メンタル面に関すること、何でも良いです。

書いている内に自分が嫌になり、落ち込むこともあるかもしれません。

しかしそれでも、絶対にやるべきだと思います。

やってはいけないのは、同じ失敗を繰り返すことです!

同じ失敗を繰り返すのは、真剣な反省ができていなかった人です。

浪人生活をスタートする前に、自分の課題を明らかにしておくことは非常に重要です。

そして、これから始まる浪人生活をどう過ごしたいのか、ノートに具体的な行動目標を書いてください。

昨年「毎日自習室に最初から最後までいること」を公約して実行し、志望校合格を果たした生徒がいました。

曖昧な目標ではなく、彼のように具体的な行動目標を決めることが大事です。

この時書いたノートを時々見返してみると、初心に返って気持ちが引き締まるはずです。

武田塾上尾校に在籍している浪人生たちにも、最初に必ず振り返りをやってもらっています。

合格のカギは自学自習の徹底

2994793_s

次に、具体的な勉強法の話をしたいと思います。

私は現役生・浪人生問わずもっと自学自習の時間を増やすべきだと思っています。

より具体的には、完璧にした参考書や問題集、単語帳の数を増やすことです。

本番を想定した時、この勉強法が一番実戦的です。

一度でも入試本番を経験した人なら、あやふやな知識が入試本番で全く役に立たないことを知っているはずです。

授業で軽く聞きかじった程度の話は、本番の緊張の中で全て吹き飛ぶんです。

入試本番で力になるのは、完璧に仕上げてきたものだけです!

績は、完璧にした参考書や問題集の量に比例します。

参考書や問題集を完璧にする方法は、正しい自学自習の積み重ねしかありません。

もちろん、学習ペースはスタート時の学力や志望校によって異なります。

内容が身についていないのに、先に進んでも意味はありません。

授業型の予備校のデメリットは、学習ペースを授業にコントロールされてしまうことです。

学校のようにきっちり時間割が組まれているので、学習進度もそれに合わせるしかなくなります。

「学校の勉強に時間を取られて、自分の勉強の時間が取れない」

「何をどう勉強していいか分からない」

現役時代に誰もが経験したこの悩みが、浪人しても繰り返されることになります。

勉強時間で有利なはずの浪人生が現役生に追い抜かれてしまう理由の一つは、ここにあると考えています。

自学自習に徹すべきところを、現役生と同じペースで勉強してしまうからです。

逆転合格のカギは、自学自習の徹底です。

ベストコンディションを維持すること

2994789_m

次は、生活面の話をしたいと思います。

「浪人したら、毎日朝から晩まで勉強しなければいけない」

そう思っている人は、少なくないようです。

でも、朝から晩まで勉強する必要は全くありません。

そもそも、普通の人がそんなハードな生活をずっと続けられるはずもありません・・・。

浪人生活で大事なことは、毎日ベストコンディションで勉強することです。

勉強時間は、1日平均8~10時間程度で十分です。

ただしそれを毎日、学習効率の高い状態で継続することが重要です。

朝から晩まで勉強したとしても、眠気などで学習効率が低ければ効果はありません。

ベストコンディションで勉強を継続するために必要なのは、規則正しい生活と適度な運動です。

規則正しい生活とは、毎日同じ時間に起き、同じ時間に勉強し、同じ時間に寝ることです。

食事もなるべく決まったタイミングで取りましょう。

睡眠時間は個人差がありますが、7~8時間程度は取った方が良いでしょう。

規則正しい生活と同様に大切なのは、適度な運動です。

運動と勉強には、大いに関係があります。

適度な運動が集中力・記憶力の向上、ストレス軽減に効果があることは数々の実験でも示されています。

浪人生が一日の初めにやるべきことは、実は勉強ではなく運動です!

毎日、午前中に30分程度の軽いランニングやウォーキングなどの有酸素運動を行いましょう。

その後の勉強のパフォーマンスが見違えて良くなります。

また、定期的な運動でストレスを軽減することは勉強を継続する上で重要です。

規則正しい生活に適度な運動を取り入れ、ベストコンディションで勉強を継続しましょう!

前向きなメンタルをキープすること

2138725_s

浪人生にとっての課題は、前向きなメンタルを受験本番まで保ち続けることです。

浪人生活の開始直後はやる気が高くても、途中で必ず浮き沈みがあります。

沈んだまま立て直すことができず、そのまま次の入試を迎えてしまう浪人生も珍しくありません。

私は、武田塾で浪人する最大のメリットはここにあると考えています。

授業型の大手予備校と違い、武田塾は少人数です。

その分、一人ひとりの生徒に対する手厚さは圧倒的に上です。

間違った勉強をしていたらすぐに分かりますし、メンタルが落ち込んでいたらすぐに気づけます。

もちろん、気付いたらすぐにその子に応じた声掛けやアドバイスを行います。

私は各生徒が今どの大学を志望し、今どの参考書や問題集に取り組み、毎週のテストでどの程度の点数を取れているかも詳細に把握しています。

その日に塾に来た全ての生徒と会話するよう心掛けているので、調子も把握しています。

授業型の大手予備校では、間違った勉強をしていてもメンタルが落ち込んでいても、気付いてくれる人はいません。

そして、いつのまにか取り返しのつかない不振に陥ってしまいます。

浪人成功のカギは、自分の課題の早期発見と早期改善です!

学習継続に支障をきたす要素はすぐに発見して改善しなければなりません。

それらを全て自分で行える人は、授業型の大手予備校でもどこでもやれると思います。

でも、そうでない人は授業型の大手予備校ではなく、武田塾のような少人数制の管理型の塾・予備校を勧めます!

浪人生活は想像以上にメンタル面の負担が大きいことを、浪人を検討している人は心に留めておいてください。

 

・・・いかがでしたか?

浪人を検討している人は、ぜひ武田塾上尾校の無料受験相談にお越しください。

逆転合格のための勉強法から生活面のアドバイスまで、全てお伝えします!

=================================

武田塾上尾校
TEL:048-871-5990
Mail:ageo@takeda.tv

武田塾上尾校の無料受験相談申込

=================================