武田塾横浜校–東進ハイスクール・東進衛星予備校の評判・口コミ・比較 横浜の予備校紹介

横浜校・

横浜の逆転合格専門予備校 武田塾横浜校です。

本日は映像授業の予備校、東進ハイスクール・東進衛星予備校の評判・口コミ・厳選比較について紹介します!

武田塾横浜校では予備校で失敗してしまった受験生が数多く無料受験相談に来てくれます。そのため横浜の予備校の評判や口コミ、こんな生徒向けの予備校だよ!ということを伝えるため、この記事を通して横浜の予備校を紹介したいと思います!

images

東進は、「今でしょ!」で有名な林修先生など、有名講師による映像授業の予備校です。

 

【映像授業のポイント】

1:先取り学習が可能

arrow228

映像授業と週に1度の授業をしている生授業の予備校と決定的な差は先取り学習ができる点!「学校では物足りない!」、「早く受験レベルにチャレンジしたい!」など意欲のある人にオススメです!つまり、東進ではやる気があればどんどん先に進むことが出来ます!また、今までまったく勉強をしていなかった人は中学レベルの講座からスタートして巻き返していくことも可能です。

 

2:時間割を自分の予定に合わせて組むことができる

zikanwari

これは教室一斉授業の予備校と比べて利点ですよね!「部活があるから英語の授業に間に合わない。」という高校生は多いと思います。ですが、映像授業の東進なら、そのような類いの心配はいりません!自分の生活リズムに合わせた時間割を作れますし、なんと自宅からでも授業が受けられます!

 

3:有名講師陣の授業が受けられる

5068d703

東進の講師は非常にわかりやすい参考書を出版している講師ばかりで、参考書で勉強している塾、武田塾でも東進の講師が書いた参考書を多数採用してます。講師は元々代々木ゼミナール・河合塾・駿台予備校で講師をされていた先生が多いです。各科目のプロフェッショナルが東進の映像授業を支えています。

 

 4:授業の取りすぎには要注意!

横浜の有名予備校、東進ですが、講座をとりすぎて復習や問題演習ができず、消化不良に終わってしまう生徒がいたり、授業料が他予備校と比べて割高だと感じている人も多いと評判です。

武田塾では「授業を受ける」だけでは成績を伸ばすことに繋がらないと考えています。理解したことをどれだけ覚えて、どれだけ解説の詳しい参考書で問題演習を行ったかが、成績を伸ばす鍵だと考えています。東進で成績を伸ばすコツは授業を受けてしっかり復習して、解説の詳しい参考書で問題演習をすることですね!

 

【東進の一番の特徴】

group

東進の最大の特徴とは何なのか。それは週に一度必ずある「グループ面談」だと思います。

グループ面談では、

・先週した勉強の振り返り

・来週はどんな計画で勉強をしていくのか

・モチベーションアップの話

・大学生活の話(実施しているのが現役の大学生の為)

・今週の連絡事項

などを行います。面談内容は基本的に面談担当の先生に任されることが多いので、他にも「10分間で単語テストを実施する」など工夫のされた面談もあるそうです。

グループ面談は他の生徒がどのように勉強をしているか知れる機会にもなっています。東進に通う生徒は積極的に参加してほしいですね。

 

 【おまけ】

受験相談をしていると時々「東進ハイスクールと東進衛星予備校の違いって何ですか?」と時々質問されることがあります。

横浜駅の近くにも東進ハイスクールと東進衛星予備校の2つがありますよね。この2つは生徒から話を聞く限り「ほとんど違う点は無い」と言って良いと思います。ただ、「グループ面談があるか」とか「ホームルームの回数」など運営上で違う点はあるようです。比較検討したい人は運営上の違いに目を向けて検討するのが良いと思います。

 

以上が東進ハイスクール・東進衛星予備校の予備校紹介でした。自分にピッタリあった予備校を見つけてくださいね。

武田塾横浜校は頑張る受験生を応援します。

**************************************************************

一分で分かる武田塾紹介動画【大学受験専門予備校】

  • 武田塾の無料受験相談