【vol.834】『Next Stage』など英文法の問題集をやる時は、問題文を書き写すべき? 書くのは答えのみでOK??|受験相談SOS

<今回の質問>
『Next Stage』など英文法の問題集をやる時は、問題文を書き写すべき? 書くのは答えのみでOK??

中森:書くのは答えのみでいいです。全然。

宮田:答えのみでOK。

中森:ただポイントはそこじゃないかなっていう。英文書くかどうかはあまり重要じゃないですよね?ネクステージでは。というか文法問題全般的にそうなんですけど。文法の参考書、問題集ですね、問題集の使い方っていうのは、要はその解答の根拠が説明できるかどうかっていうのが大事なわけですよ。

宮田:ホントにそれ重要です。

中森:だから別に紙に問題文書いたってそれはできないし、逆に答えだけ書いたらできるのかって言ったらそんなのできないじゃないですか?
だから重要なのって解説を読み込むことで読んでも分かんなかったらForestとかねそういう講義系のものを使って。
問題文だけで、その問題のポイントとなる部分と解答がちゃんといえることですね。

宮田:ホントにもうそれが重要ですよね。ネクステは。

中森:それができるなら別にどっちでもいいんだけど、
多分ネクステの問題文書く手間は今言ったことを身につけるためには正直いらないかなって思うんすよ。

宮田:ちょっと時間がかかってしまって。

中森:どっちかっていうと英作文だったりとか記述力つけるためにやるような作業じゃないですか。
英文を写すって作業自体が。その力までつけたいっていうならやってもいいかもしれないけど目的を間違えちゃいけないっていうことですね。
だから理由説明っていう部分根拠っていう部分をはっきりさせたいために、基本武田塾のやった通りですけど、文法の問題集ってのはあるわけですよ。
だからそのために必要なことをやるべきなのであって、この2つに関してはどっちでもいいっちゃどっちでもいい。
その力自体に直結することではないから。そう考えると早く終わる方がいいかなっていう意味で答えだけでいいんじゃないの。
ただその後ちゃんと解説読みこんでね。で問題文確認して、ちゃんと問題文だけで問題の根拠言えるようになってるか自力で解けるようになってるか確認してねっていうところがポイントなんですね。

宮田:そうですね。ホント重要なのが根拠を言えるかってとこなので。

中森:なんというかこれは手段なんすよね。
目的じゃないんすよ。だからもし紙に書きたいのかどうかも分かんないから何とも言えないんだけど、もし書きたいとすれば、書きたいのかっていうのをちゃんと考える。
どういう力を身につけるためにそれを書きたいのかっていうのを考えてみた方がいいと思うっていうところですね。

宮田:最終的にはゴールが根拠が言えるっていうことがゴールなんでそこに直結できればいいかなという。

中森:だからね紙に書くっていうことはそれ以外の力を何かつけたいものがあるかどうかによるってことなんでそうじゃないなら答えだけでいいかな。
重要なのはそこじゃなくてっていう話。

宮田:今回は以上です。