【vol.812】凡ミス、記憶が曖昧…「日本史の正誤問題対策に教科書の読み込みは有効!?」|受験相談SOS

<今回の質問>

立教の日本史の正誤問題で凡ミスや記憶が曖昧だったりして間違えます。山川の日本史の教科書をもう一度読み込むのって有効な方法ですか?

<中森先生と山火先生の答え>

中森:まぁ、山火先生世界史だけどこういうのやってた?

山火:えー、直前期にもよるんですけど、そうですねぇ…最後に一通りやったのは11月とか12月とかですかね?

中森:うんうん。ケアレスミスあった場合は何で復習してた?基本的に。

山火:あー、ケアレスミスあった場合は用語集ですね!はい。もう用語集一択ですね僕は!

中森:用語集をどう使ってた?

山火:用語集を、えー、まぁ間違えた用語を調べるじゃないですか。その周辺も拾ってましたねやっぱり。はい。

中森:うん、大事だよね!だいたいさ用語集ってさ周辺っていうのは同じような関連の言葉出てくるじゃん当たり前だけど。

山火:そうですね、はい。あれがいいところですね!紙辞書の。電子辞書もいいんですけど、その前後が見にくいじゃないですか。

中森:うん、だから英語とかではわからない単語辞書で引くときでも結構周辺の単語10個くらいはさ見たりとかして、派生語とか取りだすの頭に入るからみたいな形で、資料集とか辞書とかを結構うまく使うってのは有効な手段だったりしますよね。

山火:そうですね、やっぱそのー、まぁこれ歴史に限らずだと思うんですけど、辞書とか調べる系が、特に辞書がうまく使えないとなんていうかその、一つの物事とか得られる用語とかいわゆる知識とかが少なくなっちゃいますよね?ただその、この問題のこのカッコだけ埋めるってやってると、正誤問題とか一つの問題で6個とか8個とか10個くらい知識必要じゃないですか。それに対応できないですよね?

中森:まぁだからこれ教科書読む場合の危険というか注意点としては、教科書っていうのは結構一連の流れになってるから、一つの用語がそこまで詳しいわけじゃないんだよね。

山火:そうですね、そうすると別のこの側面から聞かれたときに答えらんないですよね?

中森:だから、流れが分かってないならそりゃ教科書の方がいいとは思うんだけど、その用語自体の細かい知識がないなら、それは用語集の方がいいんじゃない?っていうところなんで。これはだから凡ミスっていうのが正誤問題の凡ミスだったら用語集のほうなんじゃないかなって気がするんですよね。

山火:そうですねぇ。

中森:用語のセットになるものが覚えられてない、キーワードが曖昧だったりそういうところなのかなっていう気はするんで。だから教科書で克服出来るなら教科書で全然アリなんだけど、多分用語集まず使った方がいいんじゃないかなっていうのが割と思うかな。

山火:そうですね、確かに一つの用語に関する深い理解と周辺知識があれば多分正誤問題に振られないんですよね。で、正誤問題で間違えるときってその、曖昧な記憶じゃないですか。

中森:うん。その上で全体の流れがってなるなら講義系かなぁって感じだけど正誤問題はわりと用語集大事かなって気はしますね。

山火:うん、そうですね、間違いないですね。

中森:まぁ、なのでとりあえず用語集使ってみた方がいいんじゃないかなって思います。はい。

山火:そうですね!参考にしてください!今回は以上です。