TEAP攻略問題集|武田塾厳選! 今日の一冊

中森 高田先生、今回の参考書は何ですか。

高田 今回紹介する参考書は、TEAP攻略問題集です。

中森 きましたTEAP。

高田 やっぱりTEAPの対策ってめちゃめちゃ悩むじゃないですか。

中森 そうですね。

高田 大学受験用の英語の問題集じゃなかなか、全然傾向も違うんで対策できないと思うんですけど、この問題集があればTEAPの対策ができちゃうということですね。

中森 これはやっぱりTEAP対策の一冊目に使いやすいかなと思います。TEAPの対策に入る前に日大レベルの参考書とかやって、最低限の知識を入れる前提はあるんですけど、その後TEAPってどうやって解いたらいいのみたいな、設問ごとの挑み方みたいな、過去問題集とか実戦問題集みたいなのは結構出てたりするんですけど、こういうやり方からちゃんと説明してくれている、センター試験の、決めるセンター英語みたいなものってなかったりするんで、この攻略問題集はそういう意味で、TEAP対策の一冊目として使って欲しい教材かなと思います。

高田 TEAPだったら、リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの四技能を試されることが多いと思うんで、しっかりまずはどうやって解いていくのかっていうのをこの本で学んでからじゃないと演習しても効果がつかめないという感じかもしれないですね。

中森 それプラス実戦問題もついているので、これでやり方を学んでから演習っていうやり方でやって、その後、実践問題集とかを使って、より演習を積んで本番に挑んでもらって。

高田 わかりました。TEAPをめちゃめちゃ対策しようという受験生にはやって欲しいですね。

中森 なにからやったらいいのみたいなところはあると思うんで、それこそ困るのはスピーキングとか特に困るじゃないですか。

高田 わからないですもん。誰にも教えてもらえないところだと思うんで。

中森 なのでこういう教材で、なるほど、こういう会話の流れになるのねみたいな、こういうところに気を付ければいいのねみたいなところが結構あるんで、そういう部分をしっかり読み込みつつ練習してもらって実戦で使えるようにしてもらうようにするところですね。やっぱりTEAPの質問はなんだかんだ多いんですよね。なんかやった方がいいんですかみたいな。

高田 受かりやすそうみたいなイメージとかもあっったりして。

中森 確かに対策すればある程度点は取れると思うんだけど。無策で挑めるようなものではないし。何を対策すればいいのか困ると思うんで、せっかくなので紹介しようと思った一冊ですね。

高田 なるほどわかりました。TEAPを考えてる人はぜひやってください。今回は以上です。