数学標準問題精講シリーズ|武田塾厳選!今日の一冊

山火「中森先生、今日の参考書は?」

中森「今日はですね、『数学標準問題精講シリーズ』、こちらを紹介していきたいとおもいます。」

山火「よろしくお願いします。この参考書はどんな参考書なんですか?」

中森「『基礎問題精講』シリーズというものがあるんですが、それより難しいレベルの問題集ですね。これが解ければ、さすがに旧帝大まではきつくても早慶レベルなら戦えるし、旧帝大も過去問までやりこめばいけるんじゃないかぐらいまで広く対応できる参考書ですね。」

山火「かなりトップレベルでもその土台までつくれるのか。すごいですね。」

中森「半面、難易度も高いということですね。ⅠAとⅡBとⅢの3冊があるんですがそれぞれ難易度が違くて、まずⅠAは簡単なんですよ。標準てこの程度かってなって、ⅡBでえってなるんですよ。ⅡBはすさまじく難しいんですよ。これは問題が難しくて、解説もセオリーっぽくない独特な難しい解説をしてて…」

山火「なんで違うんですか?」

中森「まぁ作者が違うっていうことで」

山火「あぁ、そこなんですか」

中森「で、数Ⅲ、これは問題が難しい。『標準問題精講』は同じシリーズなのに、数ⅡBとⅢが難しいよと。特に数ⅡBは解説が難しめで、数Ⅲは問題も解説も難しめだよと。基礎問からいきなりこれやって、ぜんぜんつながってないよということになりがちだと。だからもっと簡単な過去問や、ひとつ簡単な問題集をはさんでからやると、ⅡBとかだといいかも。時間などの事情でいきなりこれに取り掛かる場合は頑張るしかないということですね」

山火「なるほど」