【合格体験記】学年ビリ争いから全国7位・慶應2学部合格!

岡山校・

こんにちは、武田塾岡山校です!

今回は、岡山校の塾生さんの合格体験記をインタビュー形式で紹介します。
この塾生さんは岡山に伝説を残して春から上京し慶大生になります。

長谷川 甲斐くん
岡山朝日高校3年(2017年3月時点)

慶應義塾大学法学部・文学部合格

「慶應志望と言ったら笑われてました」

―― 改めて慶応合格おめでとうございます!
_____最初に、慶應義塾大学を志望した理由を教えてください。

自分には将来就きたい職業があります。
以前調べたら、その仕事をしている人の8割が東大早慶出身とのことでした。
自分に東大は無理なことと(笑)、「ビリギャル」の影響もあり慶應を目指すことにしました。

―― 武田塾に入る前の成績はどうでしたか?

今だから笑って話せますが、成績は非常に悪かったです。
と言っても信じてもらえないと言われたので、入塾前に受けた模試の成績表画像を探してきました。


―― 進研模試の成績表ですね。探してきてくれてありがとうございます。
____英語の全国偏差値41、全国順位は約37万位・・・。
____慶應合格にはこの人数を逆転して全国トップクラスに入る必要があったのですね。

―― 後に合格を勝ち取る慶應の文学部も偏差値35.3で当然のE判定・・・。
___小さく見づらくてごめんなさい)

―― 校内順位もすごいですね。本当に学年ビリを争っていたのですね。

当時から慶應を志望していて、学校の友達にも公言していました。
だけど半端なく成績が悪かったので、冗談としか受け取られず、いつも笑われていました。

―― 入塾前は、なぜ成績が悪かったのでしょうか。

勉強はしていたのですが、やり方がわかってなかったですね。
例えば英語では、単語も文法もやらずに、電子辞書を見ながら長文を訳す勉強をしていました。
これだと定期テストや模試ではまず単語が分からないのでチンプンカンプンです。
中学英語までは単語も文法も簡単だったので乗り切れたのですが・・・。

―― 武田塾に入ったきっかけを教えてください。

大学受験に向けて塾・予備校を探していました。

親からは強く勧められたのですが、大手予備校や地元の有名塾に入る気はありませんでした。
尋常でなく成績が悪い生徒に、親身に対応してもらえるイメージが持てなかったためです。

そんなときYouTubeで「武田塾チャンネル」を偶然見たのが、武田塾を知ったきっかけです。
偏差値30台から1年で早慶に、という内容があって、そんなことが出来る塾があるのかとびっくりしました。

―― おそらく「受験相談SOS」の記念すべき1回目の動画ですね。


そこで武田塾のことを調べると岡山校もあったので、高2の12月に母親と受験相談に行きました。
受験相談では「慶應合格までの道筋」を参考書ルートで具体的に示してくれたので
ここしかない!と思って入塾を決めました。

「塾の宿題を100%やっただけです」

―― 武田塾に入ってから勉強法がどのように変わりましたか?

塾でやるべきことを指定されたので、ひたすらそれをこなしました。
本当にそれだけでした。

―― 勉強の成果を上げるために工夫していたことは何ですか?

工夫していたこと?何も思い浮かばないです。
塾の宿題は100%やることと、塾のテストでは最低9割をキープすることを心掛けていました。
特に英単語など暗記系の宿題はテストの正解率にこだわりました。

―― 確かにテスト合格率はほぼ100%、正解率も9割を割ることは稀でしたね。
_____この取り組み姿勢をみて、塾としては当初の段階で慶應合格を予期していました。
_____なぜ勉強に打ち込むことができたのでしょうか?

受験勉強に対するモチベーションは自分でも高かったと思います。

自分にとって慶應合格とは「何が何でも成し遂げるべき必達ミッション」でした。
これがないと自分の人生設計が崩れてしまいますので。

もうひとつ、慶應志望を周りに公言していたのが大きかったです。
結局口だけだった、となるのが一番格好悪いですから。
「今に見てろよ」の精神でとにかく必死に勉強できたと思います。

―― 受験勉強においてピンチはありましたか?

ピンチは特になかったと思います。
あえて言えば、模試でよい結果がなかなか出なかったので周りの目がつらかったです。
志望校の入試であまり必要でない分野も模試には含まれるので、思うような点数が取れずにいました。

―― 英語のリスニングや英作文などですね。

周りからは「現実をみて志望を下げるべき」ということも言われてましたが
自分では実力が伸びている実感があったので、頑として慶應志望を貫きました。
そんなとき、11月に受けた慶應プレでようやく努力が報われました。

―― 代ゼミ主催の慶應入試を想定した模試ですね。

―― 英語で全国7位、総合でも18位、突き抜けた実力がついていたということですね。

このあたりから周りの目が変わり始めたのを感じていました。
心地よかったですし、さらに勉強のやる気が出ました。

―― 慶應プレの結果に慢心せず直前対策もきっちりこなしてくれました。
_____その結果、本試験で慶應の法学部と文学部にW合格を果たします。

合格した学部の本試験では正直「絶対いけた」という手応えがありました。
嬉しかったので思わず塾にメールしました。
「わりとできました」と控えめにしましたが(笑)。

―― 文学部の試験日でしたね。翌日の法学部も大丈夫でしょう、と返信しました。

自己採点でも高得点とれていたので、合格発表は期待して待っていました。

―― 順当といえる結果とはいえ、報告を聞いたときは塾としてもほっとしました。
_____では質問の切り口を変えて、好きな参考書ランキングベスト3を教えてください。

第一位はダントツです。
「日本史B 標準問題精講」


私大日本史対策の定番は「東進の一問一答」ですが、個人的にはこちらがおススメです。
解答・解説の後にある「精講」が秀逸です。
関連知識の整理に優れており、自分が日本史を武器にできた一因です。

第二位に選んだのは受験勉強当初から入試当日まで連れ添った「相棒」です。
「英単語ターゲット1900」


野球の基本がキャッチボールであるのと同様、受験勉強の基本は英単語の暗記でした。

第三位は最難関レベル英語への自信をつけてくれた一冊です。
「英文読解の透視図」


短く骨のある英文で解釈力をつけられるのがよかったです。

「行きたい大学は公言するべきです」

―― 今回の大学受験の経験は今後の人生においてどんな意味をもつと考えますか?

達成困難な目標でも努力をすれば叶えられることをこの身をもって知ることができました。
大学進学後も将来の夢に向かって変わらず努力していこう、またこの達成感を味わおう、
そのように自分を奮い立たせる支えが出来たと思っています。

―― 来年度以降の受験生にメッセージをお願いします!

自分が本当に行きたい大学があれば、周りに公言するべきです。
それは自分へのプレッシャーになり、モチベーションになります。

受験科目の多い国公立では、そうはいかないかもしれませんが、
私立大学受験の成否は本人のやる気が全てだと個人的に思います。

自分のやっていることに迷うことがあるかもしれませんが、
迷っている時間がもったいない、信じてやるのみだと思います。

―― あえて言わずとも大丈夫だと思いますが、大学進学後も変わらずがんばってください!
_

私は、人間というものは、たとえていえば、ダイヤモンドの原石のような性質をもっていると思うのです。すなわち、ダイヤモンドの原石は、もともと美しく輝く本質をもっているのですが、磨かなければ光り輝くことはありません。

松下幸之助さんが残された名言の通り、人間誰でも磨けばダイヤモンドのように光る可能性を秘めています。
この塾生さんもまさしくダイヤの原石でした。

問題は原石をどのように磨くか、だと思います。

授業を受けるという受け身の学習スタイルでこの塾生さんの目を見張る実力アップが実現できたかは疑問です。
原石は原石のままであったかもしれません。

参考書学習という能動的な勉強を続けたことで、原石が磨かれ続けてきたと考えます。

_
合格発表後、ご本人と一緒にご挨拶にいらしたお母様から、大学進学後も本人と交流を続けてあげてほしい、とお言葉をいただきました。

そんな大役を拝命せずとも、応援させていただきたいと思います。
高校生でこれだけのことを成し遂げた彼が、将来更に輝くために、今後どのように自分に磨きをかけていくのか純粋に興味があります。


_
「授業を受けるよりも毎週○○○○○○の状態にして
 覚えてもらったほうが成績が上がります!」武田塾創設者 林 尚弘
岡山の塾、予備校なら
[逆転合格専門]日本初!“授業をしない”
武田塾岡山校
志望校のこと、勉強方法のこと、困っていることがあったら無料受験相談へ!
お申込み・お問い合わせは
こちらから

〒700-0024
岡山市駅元町30-13 横田ビル3F
JR岡山駅より徒歩2分
近隣アクセスは⇒岡山市、倉敷市、総社市、玉野市、赤磐市、早島町
TEL:086-250-3375
武田塾岡山校へのアクセス方法

  • 武田塾の無料受験相談