新潟高校の進学実績・評判、難関大向けの勉強法

新潟校・

こんにちは。大学受験の個別指導塾、武田塾新潟校の古川です。
実際の無料受験相談の場で寄せられた相談や質問、武田塾の特訓でのリアルな声をお届けします!受験生の悩みを一緒に考え、解決できればうれしいです。
受験のことで悩新潟県立新潟高校みを抱えている方は是非、nigata@takeda.tvまでご連絡ください。

新潟県立新潟高校(略称:ケンタカ)は新潟県内の進学実績トップの公立校です。

JR越後線の白山駅から徒歩10分の場所にあります。

進学実績は国公立大191名、私立大学59名、うち新潟大学59名(平成26年3月卒業生実績)です。東大、東北大、北大といった県外の国立大学に毎年多くの合格者を送り続けています。

【大学受験 お悩み相談 Q&A】
新潟高校に通っている高校2年生のTです。東大理Ⅱ志望です。最近、模試や定期テストの結果が下がり始めています。予備校や塾に行かないと成績は上がらないのですか?
新潟校(以下N):新潟高校といえば、県内トップの進学校だけど、T君のまわりのみんなは塾や予備校に通っていますか?

T:ひとそれぞれです。もともと勉強ができる人が集まっているので、学校の予習復習だけで好成績をキープしている人もいれば、大手予備校に1年生のうちから通う人もいますし、難関大向けの通信添削を受講している人もいます。
N:T君はこれまでどのように学習を進めてきましたか?

T:東大に現役合格した先輩とlineやメールで連絡をとって、おすすめの参考書を聞いたり、通信添削をはじめましたが、ことごとく挫折しました。
N:学校の授業は?

T:人気のある先生の授業はためになると思うこともありますが、数学のオリジナル問題集は難しすぎるうえに解答解説がついてなかったり、定期テストの現代文が丸暗記で点数が取れてしまうので本当に実力がついているのか疑問に思っています。
N:進度が早すぎると感じたことはありますか。

T:何度かあります。ただし、これは新潟高校の良い点でも悪い点でもあると思うのですが、放任主義というか本人任せなのです。勉強の出来る周りの知り合いは、自分のペースを保ちながら、学校の定期テストでは大きくこけないようにしていて、上手に時間を使っていると思います。
N:T君の質問にあった予備校や塾に通わないと成績が伸びないかについてだけど、結論から言うと人それぞれです。

T:では、自分はどうすればよいのですか?
N:さっきT君の言っていた勉強の出来る周りの知り合いのように上手に時間を使ったならばT君も成績が伸びると思います。

T:上手に時間を使うというのは具体的にはどうすることですか。
N:まずは、授業を受けっぱなしにしないで復習する時間をとり、参考書を一冊ずつ完璧にすることです。それから、基礎から順番に一冊ずつ完璧にするべきで、今の自分では理解できないレベルだったら、それほど時間をかけないことです。

T:確かに、難関大向けの通信添削や学校の数学の問題集は時間をかけているわりにほとんど進まないので嫌気がさしていました。
N:ですから、予備校や塾に通うとしても、T君の苦手分野を基礎から一つずつ補強していく内容だったら伸びるでしょうし、その逆だとしたら、ただテキストが増えるだけで成績UPには繋がらないと思います。

————“授業をしない塾”武田塾 新潟校———————

【受験カウンセリング】実施中!お申し込みはこちらから
住所:新潟県新潟市中央区弁天1丁目4-22 グリンビル5F
受付時間 : 13:00~21:00
TEL    : 025-282-5670
最寄り駅  : JR新潟駅 徒歩3分
————————————————————————–

タグ:
  • 武田塾の無料受験相談