夏休みって毎日どのくらい勉強したら良いですか?時間・計画・過ごし方。【大学受験専門予備校|武田塾 門前仲町校】

門前仲町校・

こんにちは!

東京メトロ東西線・都営大江戸線「門前仲町」駅から徒歩1分、木場・東陽町・南砂町・豊洲・勝どき・佃・月島などからお問合せが多い、参考書で成績を伸ばす江東区の大学受験専門予備校、武田塾門前仲町校です!

もう7月になります!
センター試験まであと半年ちょっと…
定期テストを終え夏休みに入ると、現役生にとっては本番までにまとまった勉強時間がとれる最後のチャンスとなります!

この夏を下手に過ごしてしまうと、第一志望合格は確実に遠ざかってしまいます!
無駄に過ごさないためにも、計画をしっかり立てて勉強を進めていきましょう!

さて今回はそんなお話と関連して、最近の受験相談や塾生からよく受ける質問と回答を紹介します!

「夏休みって、どのくらい勉強すれば良いの!?」
(13時の開校時間に合わせて、塾生が勉強をしに来てます)

 

【多いほうが良いに決まっているけど…】
「夏休みって一日何時間くらい勉強すれば良いですかー?」
と聞かれると、
多ければ多いほど良いよね
とまず答えます。当たり前ですね(笑)

ただ、その勉強時間とは、机にいる時間のことではなく、成績を上げるための時間のことだということは意識して欲しいんです。

どういうことかというと、中身のある勉強をしないと意味がないということです!
「今日は15時間勉強するんだ!」と決めて机で勉強していたとしても、集中して勉強している時間がそのうち5時間だったとしたら、5時間しか勉強しなかったというのと同じです。

集中力がなくなった状態で勉強をしていても、ただ字面を目で追っているだけで頭に入っていないものです。
それであれば、机にしがみついているよりも、全力でリフレッシュする時間を作って、次の勉強時間を有意義に過ごせるようにコンディションを整えたほうが効率的ですよね!

勉強時間をたくさん取ることはもちろん大事ですが、「時間」だけで計画を設定するのではなく、合格までに自分が今日やらなきゃいけない範囲(今日は13章~15章!など)をもとに計画を設定し、勉強していくことが重要です!

ダラダラ進めていると、秋の中頃に「あっ…間に合わない…。」ということになってしまいますからね!!

【科目ごとに勉強時間を割り振る】
さてさて、勉強時間も大事ですが、どのくらいの範囲を進むのか考えることも大事ということはおわかりいただいたかと思います。

そこからさらに意識して欲しいことが、得意科目・苦手科目をバランスよく勉強していくことです!
「英語は嫌いだから、明日やろう…。」とか、「今日は得意な日本史だけやろう!」となってしまうと志望校に合格することは難しくなってしまいます。

一日のうち、集中して勉強できる持ち時間を確認して、その持ち時間を各科目に割り振るようにしましょう。

例えば、
・私立文系志望
・英語苦手
・暗記苦手
・受験校の各科目の配点比重は一緒
・一日の勉強持ち時間が9時間
という条件であれば、ざっくりと英語3.5時間、国語2.5時間、社会3時間という具合で各科目を毎日勉強するようにしましょう!
苦手科目と本番で配点が高いものを優先的に計画に組み込みます。

そして各科目、持ち時間の中で、どのくらい勉強を進められそうか、この参考書を何講くらい進められそうか目算しましょう。
「その日のうちにこの講まで終わらないと本番に間に合わない」という意識で勉強することで、時間だけを気にする勉強を避け、内容をしっかり把握した勉強にすることができます。

【勉強時間も大事だけど…】
勉強する時間を意識するのも大事ですが、勉強をしていない時間についても考えましょう!

・朝は何時に起きるのか
夏休み、「毎朝8時に起きよう!」と決めて、毎朝8時にしっかり起きている生徒さん、偉いのですがちょっとストップ!!
学校がある時って何時に起きますか?
受験本番って何時頃起きると思いますか?
もちろん起きる時間を決めて生活リズムを整えることは大事なのですが、学校が始まったらまた違う生活リズムになってしまうはず。
結局、夏休みに勉強する目的は「受験のため」なので、生活リズムを整えるのも受験本番を意識した時間設定にしたほうが、効率的です。
就寝時間も起床時間と睡眠時間の兼ね合いで決めましょう。

・休憩時間はどのくらい?
一日のスケジュールを決める上で、空き時間をすべて勉強に使いなさい!とは言いません。
もちろん、最難関大合格のために一分一秒でも惜しいと自分から考えられる人であれば、頑張って欲しいです。
ただ、普通は休憩時間をとらないと効率が落ちるので、適切な休み時間を取りましょう。

休憩をとる際の一番の注意点は、「時間を厳密に決める」こと。この漫画読み終わったらーとか、ゲームのこのステージをクリアしたらーとか考えてしまうと、あと5分、あと5分と際限なく遊んでしまいます。
きっちり10分!など、時間を決めて、アラームを設定し、アラームが鳴ったらすぐに行動を切り替えるようにしてください。
また、勉強だけでなく、休憩の質も高められると効率が上がります!
休憩は遊びの時間ではなく、回復の時間!目元を冷やすとか、軽い散歩に出かけるなど、凝り固まった身体や精神をリフレッシュさせると良いですね♪

【まとめ】
勉強時間は多い方が良いということは言うまでもないです。
今の自分と志望する大学の偏差値のギャップが大きければ大きいほど必要な勉強時間は増えます。
可能であれば、各科目3時間以上を毎日とれると、進み方が安定するでしょう。

また、勉強する時間にこだわるのではなくて、勉強した内容にこだわるようにしましょう。
せっかく進んだ範囲でも、理解できていなければ意味がありません。
その日やったことはその日のうちに理解・暗記するということを意識しないと、いつまで経っても頭には入りませんよ。

勉強計画は、自分の苦手科目や配点比重の高い科目にしっかり時間をかけられるようにバランスをとりましょう。
意識していないと、夏が終わった時に、得意科目しか点数が取れない…なんてことになってしまいます。

そして、勉強の時間以外にも目を向けましょう!
無駄な時間が無いかどうかの確認も大事ですし、リフレッシュするために何をするべきなのかを考えることも、長期戦を制するうえでは大事になります。

 

長いようで短い夏休み。夏以降スムーズにスパートをかけられるように、無駄なく過ごしていきましょう!!

もし、夏にやるべきことや、やり方、計画の立て方などに不安がある方がいらっしゃいましたら、下記受験相談にてお話させていただきます(*^-^*)

==========================
武田塾門前仲町校では、毎日、
無料の受験相談をおこなっております!

・夏の間にどんな勉強をしておけばよいの?
・計画を一緒に立ててください!
・どうしても遊んでしまうんですけど…

などなど、受験にまつわるあらゆるお悩みに個別にアドバイスさせていただいております!
予約制となっておりますので、お気軽にお問合せください♪

お問合せ・お申込み

お電話でのお問い合わせもお待ちしております!
==========================
日本!授業をしない江東区の予備校
【武田塾 門前仲町校】
〒135-0048東京都江東区門前仲町2‐2‐2市川ビル2F
TEL:03-3642-9984
==========================
90秒でわかる武田塾動画

夏だけタケダ申し込み受付中!!

  • 武田塾の無料受験相談