苦手な英語と国語を克服! 首都大学東京都市教養学部合格!<合格体験記|武田塾水戸校>

水戸校・

こんにちは!
武田塾水戸校です。
今回は苦手だった英語と国語が安定して高得点がとれるまでになり、首都大学東京都市教養学部合格をしました生徒の合格体験記をご紹介します。

プロフィール

生徒氏名:渡辺七海さん

出身校:水戸第一高校

合格校:首都大学東京都市教養学部、明治大学法学部、津田塾大学総合政策学部、武蔵野大学法学部

武田塾に入る前の成績は?

入塾時期:高3の夏
当時の成績:偏差値50
センターレベルの模試で世界史が7割強、国語は6割弱、英語は5割弱でした。

武田塾に入ったきっかけは?

受験勉強が本格化する高3の夏に、授業型の塾はあまり向いていないと判断した親がネットで見つけ、面談を受けたのがきっかけです。

武田塾に入ってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?

現役時代の夏休み期間中に英単語や古文単語、文法などの基礎を詰め込んだところ、9月の模試の結果が夏休み前と比べて30~40点ほど上がりました。そこから単語などと平行して少しずつ難しい問題集を解いていき、センターレベルの模試でも比較的安定して点数が取れるようになりました。浪人してからは基礎の復習を中心に様々な参考書を解き、センターレベルで安定して8割以上取れるレベルを維持しました。

担当の先生はどうでしたか?

どの先生も明るく気さくで、担当ではない先生からも話しかけていただくことが多く、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。担当の先生方は宿題を減らしてほしいときに増やしたりするときもありましたが、それでもそのおかげで合格できたと思っています。

武田塾の思い出を教えてください!

お昼に友達とお昼を食べることが息抜きになりました。
なかなか勉強に集中できない時も、友人がいると思うとモチベーションが上がりました。

好きな参考書ベスト3!

第1位:ナビゲーター世界史
学校の授業をもう一度受けている気分になり、すんなりと世界史の流れが頭の中に入った。

第2位:英文読解の透視図
長文問題の複雑な読み方を分かりやすく解説してあり、数周して長文が理解しやすくなった。

第3位:システム英単語
シス単を暗記したことで模試の英語の点数が40点上がった。

来年度以降の受験生にメッセージをお願いします!

センター利用はできるだけ受けておいた方がいいです。

  • 武田塾の無料受験相談