立命館大学合格!自学自習で偏差値15UP!!苦手の英語・国語を克服!!【2016年度合格速報】

京都校・

授業中心の勉強スタイルから自学自習に切り替えて大成功!!昨年度受験大失敗から第一志望校の立命館大学産業社会学部に逆転合格!!

 

こんにちは。武田塾京都校です。

今日は現役時代の授業中心スタイルから自学自習に切り替えて、苦手な英語と国語を偏差値約15アップさせて見事立命館大学に合格した生徒さんを紹介します!

 

 

生徒情報


  • 氏名: 山本 健登(やまもと けんと)

  • 出身校: 京都教育大学附属高校

  • 合格校: 立命館大学産業社会学部

  • 入塾時期: 2016年5月

 

武田塾に入る前の成績は?


当時の成績:偏差値45
英語と国語はマーク模試で偏差値45~50の間でした。特に国語は模試によって点数がバラバラで、読めるときは点が取れるけれど、読めないときは全く点が取れませんでした。
政治経済は好きだったこともあって、現役から偏差値60は取れていました。それでも、苦手な分野がいくつかあって、そこが出ると全然点数が取れませんでした。

 

武田塾に入ったきっかけは?


現役時代に行っていた塾は授業がしっかりしていたので、授業を受けるだけで自分の力になっていると思っていました。
現役時の受験に失敗したことで、授業を受けているだけでは成績は上がらない事に気づき、塾をネットで探している時に授業をせず参考書だけを使って勉強をするという武田塾を見つけました。
授業にあまり意味がないと思っていた僕にはこの勉強スタイルが1番合っていると思い、武田塾に通うことに決めました。

 

武田塾に入ってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?


現役時は授業中心に勉強していて、復習を丁寧にやっていませんでした。
武田塾に入塾して参考書主体の勉強になってからは、その日に勉強した内容をその日中に復習するようになり、出来なかった問題を出来るまで復習して解けるようにして自分の力にする事が1番大事だと気づくことができました。
間違えた箇所をその日の内に再び解き直すことによって苦手分野もどんどん減りました。入塾当時は英語の偏差値は40ぐらいだったのですが、毎日の復習を欠かさずにすることにより全体の完成度が上がり、最終的には偏差値を15ぐらい上げることができました。

 

 

担当の先生はどうでしたか?


河面武士先生(同志社大学法学部政治学科)、新谷智之先生(同志社大学経済学部)、吉田拓広先生(同志社大学社会学部)の3名に担当してもらいました。
1対1で指導をしてもらうのは初めてで、授業と勝手が違って最初は戸惑うことが多かったです。ですが1つ1つ丁寧にチェックされることで、勉強の仕方も身についていきました。
特訓のたびに、出来ている!と自分では思えていた範囲でも講師の方に指摘をしてもらうことによって理解できてないことを再確認することができました。また勉強面だけではなく私生活の相談なども気軽に話すことができ、とても頼りになりました。

 

武田塾での思い出を教えて下さい!


風邪などで体調を崩した時以外は毎日塾に行って自習室で毎日勉強していました。同じ場所でずっと参考書を勉強するのが辛くなったりやめたくなる時もありましたが、その気持ちに耐えて黙々と勉強する事で成績を上げることが出来ました。学校のように塾に通い続けたのはいい思い出です。
勉強に疲れて休憩する時に校舎長や講師の方が話しかけて頂けたのが、いい気分転換になりとても良かったです。

 

好きな参考書ランキングベスト3!


  • 第1位:蔭山のセンター政治・経済

    コメント:政経は元々得意でしたが、この本を何度も繰り返ししっかりやることで基礎を固めることができ、難関大学の問題にも対応できました。

  • 第2位:入門英文解釈の技術70

    コメント:英語の長文を読むのが苦手でしたが、この1冊で基本的な構文の読み方を理解出来て次の段階にもうまく進むことができました。

  • 第3位:古文上達 基礎編 読解と演習45

    コメント:基礎的な古文の読解練習を重ねて行うことができ、しっかりとした読解の基礎を身に付けることができました。

 

来年度以降の受験生にメッセージをお願いします!


勉強は、復習が1番大事だと思います!1度やったところでも何回もやり直しすることによって、自分の力になると思います!

 

武田塾京都校校舎長・担当講師から一年を振り返って


山本くんは、入塾当時とにかく英語と国語、特に古文の基礎が殆ど固まっていませんでした。合格体験記に書いてくれているように、現役時に通っていた塾で授業を受けっぱなしにして復習をしない、自分で勉強する時間を取らなかったために暗記しないといけない内容すらもスカスカでした。徹底的にシステム英単語ネクステージ速読英熟語読んで見て覚える古文単語315やさしくわかりやすい古典文法を暗記してもらい、毎週の指導で担当講師に今週進んだ範囲を完璧に覚えられているか厳しくチェックしてもらっていました。
最後まで古典文法は苦手としていましたが、文章読解力は入塾当時とは比べ物にならないほど伸びていました。
政治経済は入塾当時から得意でしたが、油断して勉強をサボらないよう早稲田大学・同志社大学レベルの問題まで解けるように演習をしてもらっていました。入試本番では80%の得点を叩き出し、自身の武器としてくれていました。

2017年4月より、武田塾京都校で講師として自身のような逆転合格者を一名でも多く輩出すると張り切ってくれています。
山本くん、一緒に頑張りましょう!!


<関連記事>

学校+大手予備校2校の授業マシマシ→自学自習に切り替えて京都薬科大学薬学部に現役合格!
湯浅遥菜さんが成功した勉強スタイルの変化はこちら!

 


 

受験に一度失敗して、自分の勉強方法はこのままでいいのかな?と悩んでいる方は一度武田塾の無料受験相談を受けてみてください!
まずは一年間を振り返って何が出来て何が出来ていなかったのかを見つめなおして、自分の弱点を補える塾・予備校に通うことが合格率を上げる最良の方法だと思います。
自分一人で振り返りと予備校決めがうまく出来ないなと思われたら、遠慮なく武田塾に相談に来てください!

 

「無料受験相談」←申込はコチラから


京都大学受験”逆転合格専門”【武田塾京都校】
〒604-8146
京都府京都市中京区一蓮社町300パームビル2F
(京都市営地下鉄四条駅/阪急烏丸駅、徒歩5分!)
TEL:075-255-5777
Mail:kyoto@takeda.tv
武田塾京都校へのアクセス方法はこちら

【2016年度武田塾京都校・大阪校・天王寺校の逆転合格者の合格体験記はこちら

  • 武田塾の無料受験相談