昨年全滅→早慶上智全制覇+早稲田複数合格!!これぞ逆転合格!!【2016年度合格体験記】

京都校・

早慶上智3校全制覇!!早稲田大学&上智大学&同志社大学で複数学部合格、そして同志社大学の英語190点!!得意の英語を圧倒的な得点源にして、苦手の国語・世界史を見事克服!!

 

こんにちは。武田塾京都校です。

私立大学の合格発表が一段落して、逆転合格報告が続々と校舎に届いています。

本日は2016年度在籍生徒さんでナンバーワンを争う勉強への取り組み・完成度を誇り、見事早慶上智3校全てに合格した生徒さんの合格体験記を紹介します!

 

 

生徒情報


  • 氏名: 田中 音(たなか おん)くん(写真左)

  • 出身校: 紫野高校

  • 合格校: 慶應義塾大学総合政策学部、早稲田大学国際教養学部、早稲田大学文化構想学部、早稲田大学人間科学部、上智大学法学部国際関係法学科、上智大学総合グローバル学部、同志社大学法学部政治学科、同志社大学グローバル文化地域学部アジア・太平洋コース、近畿大学法学部

  • 入塾時期: 2016年4月

 

 

武田塾に入る前の成績はどうでしたか?


英語だけは早稲田大学、上智大学の入試本番で7割取れていましたが、国語と世界史は全く戦えるレベルに達していませんでした。
世界史に関しては、教科書を読んでいただけで問題集や資料集に手をつけたことが無い状態で入試に臨み、全然解ける気がしませんでした。

 

武田塾に入ったきっかけは?


いくつかの大手予備校の説明会に参加したのですが、『予習→授業→復習』という学習スタイルで本当に自分の学力が伸びるのか疑問を感じていました。そんな時に以前から耳にしていたけれどもよく知らなかった武田塾のパンフレットを読みました。そして参考書を使い、自分のペースで学習を進めるというスタイルに興味を持ち、無料受験相談を申し込みました。
無料受験相談では、1年間どのように学習を進めていくかを明確に示してもらい、「ここなら成績が伸びそう」と感じたので入塾を決めました。

 

武田塾に入ってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?


全教科基礎から取り組むことで効率的に順調に学力が伸びているという実感があり、楽しく勉強できました。また、毎日課題が細かく設定されていたので、何をすればいいのか分からないということが無く、ひたすら勉強に取り組むことができました。
学習を進めて行くと自分の弱点が見つかり、そんな時には担当の先生や校舎長に相談し、やり終えた参考書をもう一度やったり、新しい参考書を追加することもありました。
このように、自分の弱点を発見した時に柔軟に対応してもらうことが出来、参考書や学習方法を変えられる所が武田塾の良い所だと思います。

 

 

担当の先生はどうでしたか?


田中仁先生(京都大学経済学部)、柳澤将也先生(京都大学法学部)、吉田拓広先生(同志社大学社会学部)の3名の先生に担当して頂きました。
皆さんが受験生だった時の経験に基づいて、勉強方法に関するアドバイスを受けることができ、非常に助かりました。特訓の時には自分一人で勉強していた時には気付かなかった弱点を指摘されることが多く、学力を伸ばす大きな助けとなりました。
また勉強に関する話だけではなく、学生生活に関する話を聞くこともあり、受験勉強のモチベーションを保つことができました。

 

武田塾の思い出を教えて下さい!


浪人生としての1年間はもちろん辛かったですが、1年前に想像していたよりも楽しく過ごすことができました。というのも武田塾に入塾して、自分と同じ境遇である浪人生や現役生と出会い、友達になることができたからです。
僕はこれまでにも他塾に通っていたことがあったのですが塾で友達ができるということは一度もありませんでした。しかし、武田塾は大手予備校と比べると、校舎ごとの規模が小さく、アットホームな雰囲気で勉強に取り組みやすい環境でした。また校舎長と生徒の距離が近く、勉強に関する相談をしやすかったです。

 

好きな参考書ランキングベスト3!


  • 第1位:オンリーワン世界史完成ゼミ

    コメント:自分の苦手な範囲を見つけることに役立ちました。解説が丁寧でまとまっているので、自分で進めていきやすかったです。

  • 第2位:ポレポレ英文読解プロセス50

    コメント:英語は最初から得意だったのですが、ポレポレをやった後には早慶レベルの長文をより速く、正確に読めるようになりました。何周もやりこみ、読解プロセスを何度も読み込んでいました。

  • 第3位:元祖世界史の年代暗記法

    コメント:年号を意識して覚えていなかったため年号順に並び替える問題が全くできなかったのですが、この参考書をやり、ほぼ間違えることが無くなりました。

 

来年度以降の受験生にメッセージをお願いします!


浪人生、高校3年生の人は思っている以上に受験日は早くやって来ます!このことを意識して、1日1日を大切にして1つ1つの勉強に丁寧に取り組んで下さい!
高校2年生、高校1年生で武田塾に通って受験勉強を始められている人は本当に羨ましいです!現役から通っていたら・・・と思うことが何度もありました。モチベーションを保ち、余裕を持って楽しく受験勉強と武田塾のルートを確実に進めていって、絶対に現役合格して下さい!

 

武田塾京都校校舎長・担当講師から一年を振り返って


田中くん自身が書いてくれているように、入塾時から英語は非常に得意でした。しかし、問題を解く時には「なんとなく」「これっぽい」で解答を選ぶこともありました。私立大学最高峰を志望していたので、必ず根拠を持って答える練習、難しい英文が出てきた時に対処に困らないよう構文把握を意識して行えるように練習を積み上げていきました。

また、常に基礎を大事にしてくれていて、受験最終盤まで単語テスト(システム英単語全範囲、リンガメタリカ全範囲)、熟語テスト(速読英熟語全範囲)を受け続けていました。実力があった中油断せずに基礎を積み重ね、自分に足りていない部分を補っていった結果、入試本番において慶應義塾大学総合政策学部の英語を60分で完答&得点率80%、早稲田大学国際教養学部の英語で得点率80%以上、そして同志社大学法学部政治学科の英語では190点(200点満点)の得点を叩き出しました。

英語・国語・世界史3科目全て早慶ルート最後の問題集まで終わらせ、確認テストは常に90%を上回る完成度、そして毎週の課題をキッチリ終わらせてくるなど、私達から見ても真摯に勉強に打ち込んでいるのが伝わってくる勉強量でした。自習室にはほぼ毎日一番乗りをし、7月頃からは私の受験生時代の話を参考にしてくれたのか、午前4時起きで勉強をスタートさせ、閉館時間近くまで勉強を続けていました。

9月以降には小論文対策もスタートさせ、過去問演習や問題集の数が増えていく時期にも関わらず実質4科目全ての勉強を毎日続けていました。
また、11月に行われた慶應義塾大学対策模試で全国10位の結果を叩き出していました。
努力が結実した素晴らしい一年間だったと確信しています。

 

4月からは東京での新しい生活がスタートします。大学での勉強・大学生生活・社会勉強と、夢に向かって羽ばたいていってください!!


 

英語が得意だからといって英語ばっかり勉強したり、好きな科目だけ勉強して苦手な科目を後回しにして結局手つかずになっていませんか?大学入試は総合点で争う試験です。
自分が苦手な所に正面から向き合い、苦手をつぶしていく勉強法を行えば、出来ない問題が出来るようになり、成績が上がっていきます!

また、来年度の受験に向けてどこの予備校に通えばいいか迷っている方は、遠慮なく武田塾に相談してください!各予備校・塾について生徒さんからの生の意見を集めているので、あなたにピッタリの予備校・塾を一緒に見つけましょう!!

 

「無料受験相談」←申込はコチラから


京都大学受験”逆転合格専門”【武田塾京都校】
〒604-8146
京都府京都市中京区一蓮社町300パームビル2F
(京都市営地下鉄四条駅/阪急烏丸駅、徒歩5分!)
TEL:075-255-5777
Mail:kyoto@takeda.tv
武田塾京都校へのアクセス方法はこちら

【2016年度武田塾京都校・大阪校・天王寺校の逆転合格者の合格体験記はこちら

 

  • 武田塾の無料受験相談