京都薬科大学(公募推薦)現役合格!授業→自学自習に切り替えて成績UP!【2016年度合格速報】

京都校・

大手予備校+学校という授業中心の勉強スタイルから自学自習のスタイルにチェンジ!苦手科目を克服し京都薬科大学に見事現役合格!!

 

こんにちは!武田塾京都校です。

今日は無事卒業式も終え、見事現役合格を決めて合格報告に来てくれた生徒さんを紹介します!

生徒情報


  • 氏名: 湯浅 遥菜(ゆあさ はるな)

  • 出身校: 帝塚山高校

  • 合格校: 京都薬科大学

  • 入塾時期: 2016年5月

 

武田塾に入る前の成績はどうでしたか?


数学がとにかく苦手で、成績は悪かったです。また、自分で勉強する習慣が殆ど身についておらず、家では中々集中出来ずにいました。

 

武田塾に入ったきっかけは?


武田塾に入る前は大手予備校に通っていましたが、授業中寝てしまったり予復習が追い付かないまま授業を受けたりしていることがありました。また自学自習の習慣が身についていませんでした。そんな中で、本屋さんに置いてあったパンフレットで武田塾を知りました。自分で参考書を進めていくという武田塾のスタイルは前から自分でやっていましたが、継続することが難しくて三日坊主になってしまいがちでした。それを管理してもらえれば上手くいく、自分に合った勉強方法だと思い、武田塾に入塾することを決めました。

 

武田塾に入ってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?


 武田塾に入塾した当初は1週間に1回、特訓がある日だけ自習室を利用していましたが、夏休み以降はほぼ毎日武田塾に行って自習室で勉強していました。武田塾の自習室はとても集中出来て、だんだんと勉強をするのが楽しくなっていきました。

 

 

担当の先生はどうでしたか?


担当の先生は塩見先生という京都府立医科大学の先生でした。塩見先生はとても話しやすくて、緊張せずに特訓を受けることができました。先生は、私が本当にしっかり理解しているかを細かく確認されるので、それまで雑に復習していましたが、完璧に復習するようになりました。大学の話も時々してくださり、早く大学に行きたい!!と思う気持ちが強くなっていきました。塩見先生を見て、合格したら武田塾で先生をやりたいと思うようになりました。2017年4月から京都校で講師をやるので、塩見先生のように話しやすくて、わかりやすい先生を目指して頑張ります!

 

武田塾での思い出を教えて下さい!


入塾したのが高校3年生の5月と遅かったので、最初はなかなか友達ができませんでした。自習室に毎日行くようになると、友達も増えてとても楽しく勉強が出来ました。塾は勉強するところだから友達は必要ない、という意見もあるかと思いますが、自分の悩みを話したり、お互い励まし合える友達は受験勉強には欠かせないと、私は思います。夏休みは毎日朝10時から武田塾に行き、夜の10時までずっと武田塾にいました。お昼ごはんも夜ごはんも武田塾で食べる毎日で自分の家のようでした。ごはんをみんなで外に買いに行くのも楽しみの1つでした。
週1回の特訓では塩見先生にその1週間の課題をしっかりと理解して出来るようになっているかチェックしてもらっていました。塩見先生にほめられるととてもうれしかったので、もっともっとしっかり復習して、完璧にしようと頑張っていました。
また、浪人生の方と距離がないのも武田塾ならではのことだと思います。先輩方からたくさんのアドバイスをいただいて、学ぶことも多かったです。振り返ってみると、武田塾は私の精神的な支えだったなぁと思います。

 

好きな参考書ランキングベスト3を教えてください!


  • 第1位:数学Ⅰ・A基礎問題精講

    コメント:青チャートより薄いので勉強の意欲が沸いてきます。ポイントもわかりやすく下にまとめてあるので、復習もしやすかったです。

  • 第2位:福間の無機化学の講義

    コメント:この本の別冊で付いている、入試で使える最重要Point総整理はとても暗記がしやすかったです。無機は暗記をしっかりすれば得点できる範囲なので頑張って覚えていました。

 

来年度以降の受験生にメッセージをお願いします!


誰でも勉強に行き詰まる時期は訪れると思います。私は家ではなかなか勉強できませんでしたが、武田塾に来て勉強している友達を見ると、頑張ろうと思うことができました最後まであきらめないで、自分の夢へ向かって頑張ってください!!

 

 

湯浅さんは2016年2月に最初の受験相談に来てくれました。その時は学校の授業と大手予備校の授業に合わせて、武田塾の勉強方法を自分だけでやってみるということでした。入塾面談の時に入塾までの4か月間上手く出来ていたかを聞いてみると、実際に自分だけでやってみると中々上手く進められず、入塾を決意したとのことでした。
合格体験記にも書いてくれていますが、最初は大手予備校2校に通いながら武田塾にも来てくれていたので、週1回の特訓日だけ来ているという状態でした。途中から上手く自学自習の勉強スタイルに切り替えられ、武田塾に来る頻度が増えてからは確認テストの得点率が上がり、特訓中は塩見先生からの質問にしっかり答えられるようになっていきました。
例えば公募推薦入試直前の特訓では、京都薬科大学の英語長文問題の全問題について、解答根拠となる場所を的確に答え、和訳問題では構文把握が完璧に出来る前提で何故その日本語訳になるのか?というような質問に対しても湯浅さんは完璧に答えていました。
英語長文を解く時に、解答根拠を考えて解いていますか?また、復習する時に和訳を読むだけで解説を読み飛ばしていませんか?武田塾の特訓では先生から解答根拠を答えられるかを聞かれます。

 

また、今年の春からは武田塾京都校の講師として後輩の指導に当たってくれます!京都校から、一緒に沢山の逆転合格者を送り出していきましょう!


学校でも授業を受けているのに、大手予備校で更に授業を受ける必要があるのか?それよりも自分で勉強する時間を確保して、自分で勉強した方が成績は上がっていく、と武田塾では考えています。沢山授業を取って授業を受けっぱなしにしている生徒さんがもしいらっしゃったら、一度武田塾に相談に来てみてください!授業のライザップを一緒に行いましょう!

 

「無料受験相談」←申込はコチラから


京都大学受験”逆転合格専門”【武田塾京都校】
〒604-8146
京都府京都市中京区一蓮社町300パームビル2F
(京都市営地下鉄四条駅/阪急烏丸駅、徒歩5分!)
TEL:075-255-5777
Mail:kyoto@takeda.tv
武田塾京都校へのアクセス方法はこちら

【2016年度武田塾京都校・大阪校・天王寺校の逆転合格者の合格体験記はこちら

  • 武田塾の無料受験相談