バイトも辞められない状況なので困っています…

川口校・

Q:きちんと受験勉強して大学に合格したいという気持ちは強く持っています。

 しかし、うちは母子家庭で、家計を助けるためにバイトをしているため、なかなかじっくり勉強するだけの時間を割くことができません。


もちろん1日中忙しいというわけではないので、勉強する時間は2時間程度しかないのです。
家族に負担をかけたくないと思っているので、私立には行くことができません。
今は地元にある埼玉大学の工学部に入りたいと考えていますが、

私の偏差値は45程です。
これだけの勉強時間で間に合わせることができるでしょうか?

もう高3になっていますし、バイトも辞められない状況なので困っています。

yjimage87GF452G A:間に合わせられるかはまず、勉強できる時間が2時間程度というのが毎日確実に確保できる時間なのか、そして、それ以上の時間を確保することができるのかによります。例えば、1週間に1度だけの2時間であれば、受験は厳しいものとなるでしょう。

苦手の克服や復習のための学習など、受験勉強のために費やす時間はあればあるほどいいものです。もちろん、時間があるだけ受かりやすいという話ではなく、勉強できる量に比例してくるものだと考えられます。

しかし、武田塾では量よりも質を推奨していますから、まずは限られた時間の中で少しでも効率のいい勉強法にシフトしていくことがおすすめです。

現段階の偏差値であれば、普通に勉強していても十分に挽回していけるだけのレベルはあります。全教科に当てる時間がないのであれば、まずは苦手な教科だけに集中し、克服していきましょう。工学部ということは理系ですから、理系科目は捨てることはできません。得意な科目を伸ばしていくことも1つの手段です。

また、アルバイトをしていても、学校の授業は普通に受けているでしょうし、土日も働いていたとしても多くの時間を割くことはできると思います。

学校の授業では着実に新しい知識を吸収し、土日は普段よりも長めの勉強時間を割いてみてはどうでしょうか。


体力などの問題で時間を割くのが難しいのであれば、アルバイトの日数を減らしてもいいかどうか、
ご家族とじっくり相談することをおすすめします。

 

大学の学費が心配で、今必死にアルバイトをこなしているのであれば、新聞奨学生になるのも1つの方法です。今は勉強にできる限り集中して、お金を稼ぐのはその後という手段もありますから、ご家族と話し合った上でどうするのが最善なのかを考えてみてください。

  • 武田塾の無料受験相談