【直前期講習】かけこみタケダ2017【講習の入会金無料!】

【お申し込み期間】
2017年10月30日(月)~2018年1月31日(水)

【受講期間】
2017年10月30日(月)~2018年2月28日(水)

【対象学年】
高校3年生・既卒生

問合せはこちら

kakekomi

natu_img

みなさんこんにちは。武田塾塾長の林です。

偏差値を伸ばそうと思って、塾や予備校に通おうと思っていませんか?
それはちょっと待ってください。
塾や予備校で授業を受けても偏差値は伸びません。

偏差値を伸ばそうと思って、塾・予備校選びはしないほうがいいです。
その理由はみなさんが一番よくわかっているはずです。
みなさんは学校で毎日6時間、週5日間で合計30時間は授業を受けていると思います。
英語も数学も週5~6時間習っています。その結果、みなさんは成績がよくないんですよね。

■ 学校で英文法を習って、できるようにならない!
■ 学校で二次関数を習って、できるようにならない!
■ 毎月120時間も授業を受けているのに!
■ 1年間で1000時間も授業を受けているのに!

こんなに授業を受けているのに偏差値が低い原因は何か?
それは授業を受けっぱなしにしているからです。

もし、学校の授業をしっかり完璧に復習していれば。そこまで偏差値が低くないはずです。
ちょっと考えてみてください。
学校で配られた英文法のテキスト、数学の問題集、今、解きなおしたらどのくらい正解できますか?
たぶん、全然正解できないから偏差値が低いんですよね。
そんな生徒が、また予備校に行って英文法の授業を受け、新しいテキストを配られたとしましょう。しっかり復習できますか?学校の教材は完璧にしなかったのに。
テキストも完璧にならず、また英文法の参考書を買い、また完璧にしない…。そんなことになるんじゃないですか?
こんな状況の生徒がたくさんいます!みなさんは違いますか?
(なにを隠そう、私の受験生時代がそうでした!)

ものすごい時間を授業に費やしているのに偏差値が伸びない…。当たり前です!
授業を受けただけで偏差値が上がるなら、苦労はしません!
授業ではなく、「自学学習」が勉強において最も重要なのです。
できる生徒は自学学習の方法があっています。
身につけ方がわかっているから、できる生徒なのです。
しっかり身につける方法が確立している生徒が、勉強すれば偏差値は上がります。
しかし、身につける方法が確立していない偏差値の低いみなさんが、また新しい授業を受けたり、新しいテキストを配られても…。また同じことを繰り返すだけです。
実は、ここだけの話、参考書による独学が最強・最速の勉強方法なのです。
授業は遅いし、予備校にも武田塾にも通わずに自分で参考書で勉強するのが一番速いんです。

武田塾はできる限り、ホームページやブログに一人で勉強できるように勉強方法を公開してあります。
どんな勉強方法で、志望校のレベルまで、どういう順番で参考書を完璧にすればいいか、全て、武田塾のホームページとブログに書いておきました。
だから、みなさん、この勉強法を参考に合格してしまってください。
(実際、この勉強法で東大うかりました、京大医学部合格しましたとか、毎年たくさんの合格報告をいただきます)

そして、これだけ詳しく書いてありますが、それでもわからないという生徒は、武田塾の無料受験相談に申し込んでください。無料で勉強方法を教えちゃいます。
武田塾に入らなくていいので、武田塾をうまく利用して合格してください。私は受験生がうかればなんでもいいんです。

合格への最短距離は「自学学習」であり、授業ではありません。

第一、みなさん偏差値を上げたいんですよね?何万人も通っている大手予備校に入って、みんなと同じペースで勉強しても他の受験生を抜かせないじゃないですか。

レベルに合った参考書から、志望校のレベルまで、一冊づつ完璧にする。これが最速です。

メディア掲載履歴

プレジデントファミリー、読売新聞、毎日新聞、フジテレビ「とくダネ!」「お台場政経塾」、日本テレビ「ガチガセ」等メディア掲載多数。著書「難関大学の逆転合格を可能にする驚異のショートカット勉強法」(角川学芸出版)他10冊

かけこみタケダ2017のご案内

【申込み期間】
2017年10月30日(月)~2018年1月31日(水)

【受講期間】
2017年10月30日(月)~2018年2月28日(水)

※注意※
かけこみタケダを経て武田塾に正式に入塾される場合には、新たに入会金30,000円(税別)が別途かかります。(かけこみタケダの受講の際に入会金はかかりません。)

お申し込みフォーム

  • 武田塾の無料受験相談