Q.ダラケ防止&時間最大活用の秘訣は?

池袋校・

こんにちは!池袋駅前徒歩4分!“逆転合格”の「武田塾池袋校」です!

豊島区、練馬区、板橋区、文京区、北区などの地域の東京都内の大学受験生をはじめ、埼玉県からの通塾生も少なくない大学受験予備校「武田塾池袋校」から
実際に相談のあったお客様の声を紹介します。

武田塾は、自学自習の勉強方法を教え、確実に学力を上げる塾です。

武田塾池袋校は、
生徒たちは皆、東京大学・筑波大学・横浜国立大学・千葉大学・首都大学・埼玉大学
東京工業大学・一橋大学・東京外国語大学・お茶の水女子大学・横浜市立大学・東京農工大学・東京学芸大学・電気通信大学・東京海洋大学などの国公立大学をはじめ、
早稲田大学・慶応大学・東京理科大学・上智大学といった難関私立大学や、MARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)に逆転合格を目指す生徒さんばかりです。

今回は「ダラケ防止策と時間最大活用術」を紹介します。

 

Q夏休みに入ったけど、夏バテ気味です!!

どうしたらよいですか?

先輩たちが実際に取っていたダラケ予防策を紹介します!!

◎早寝・早起きを心がけ、朝から勉強。問題集〇ページなど、具体的に計画することで、休憩時間を長引かせずにすんだ。(筑波大・女)
◎毎日、その日にやる教材だけを持って自習室に行き、全部終わったら帰ることにしていた。早く終われば早く帰れると思い、ダラけずに勉強できた。(慶応義塾大・女)
◎ほぼ毎日学校の夏期講習に参加し、通学中などスキマ時間も活用して勉強した。(東京外国語大・女)
◎60分単位で教科を変えて、気分転換しながら勉強した。途中で休憩がてら、地歴・公民の資料集や新聞を読んだ。(法政大・女)
◎集中力が高い午前中に、苦手科目や数学の問題演習など思考力が必要な勉強をした。(大阪市立大・女)
◎疲れたときは昼寝がおススメ。頭がすっきりして、集中力が回復する。(東北大・男)
◎定期的にオフ日をつくって、思いっきり好きなことをやってリセットするのも効果的。(上智大・女)

~甘えず、ダラけず、学期中のリズムを崩さない~
夏休みは学校が生活・学習のペースメーカーとなる学期中とは違い、自己管理を徹底して、ダラけることなく40日間を過ごす必要がある
大学合格者の傾向として、早寝・早起きで無理なく十分な勉強時間を確保し、出来る限り集中力を保って、日々継続的に勉強を進められる者が合格する。
学校が休みでも、節度を保ち、学期中のリズムを大きく崩さないように生活することがポイントと言えるだろう。
先輩たちのように、規則正しい生活の中で、良好な学習ペースをキープし、よいリズムのまま2学期を迎えられるよう心がけてほしい。

まとめ
1・毎日、早寝・早起きで、無理なく十分な学習時間を確保する

2・ダラけず集中して勉強出来るように、時間の使い方を工夫する
3・夏休み中、良好な学習ペースをキープし、調子よく2学期を迎える

 

池袋初!逆転合格専門塾【武田塾池袋校】
大学受験は個別指導で逆転合格!
〒171-0022
東京都豊島区南池袋3-16-8
近代グループビルNO.6-7F
(池袋駅から徒歩4分)

TEL:03-5954-3356
Mail:ikebukuro@takeda.tv


  • 武田塾の無料受験相談