理学部(学科と就職)

姫路校・

こんにちは武田塾姫路校です。今日は工学部と迷われる方が多い理学部について、お話しさせていただきます。

理学部では、さまざまな自然現象を理論的に掘り下げ、真理を解き明かす学問を中心に学んでいきます。

言い換えると、高校の教科である「物理」「化学」「数学」「生物」「地学」の延長線上で高度な研究を行います。

また、理学部はそれが実際にお金を生む技術になるのかを度外視して、学問発達の基礎研究を行い、この基礎研究をしていく過程で新しい理論が生み出されていきます。

ノーベル賞候補になるのは、原則として工学系に比べ、画期的な発見を伴う理学系の研究者で、将来理化学研究所などの研究員になりたい方には向いている学部であると言えます。

理学部には、「数学関係」「物理学関係」「化学関係」「生物学関係」「地学関係」などがあります。

最近は、学問の高度化、多様化、学際化に伴い学ぶべき内容があまりにも増加したことから、多くの大学で大学院修士課程までの六年一貫教育を実施しています。

学部では基礎的なことを中心に履修し、大学院でそれらをさらに掘り下げていきます。

理学部の就職先は情報産業をはじめ、製造業、サービス業、金融・保険など就職先は多彩であり、研究職として就職するには大学院進学が最低条件になっていることから、理学部の多くのものが大学院に進学します。

「高校で習った数学や物理、化学などをもっと深く勉強したい!」や「将来は理化学研究所などの研究員になりたい!」人は是非理学部に進んでください!

  • 武田塾の無料受験相談