国公立か私立かどっちがいいの?

福島校・

こんにちは、武田塾福島校です。

 

今回は志望校の選択の考え方についてです。

どこかピンポイントで行きたい大学があるのであれば別ですが、

まずは国公立を目指すか、私立を目指すかが大きな選択としてあります。

 

もちろん、国公立大学の方がかかる学費は安くなるのですが、

センター試験と2次試験を使うことになるため、必要な科目数が多くなります。

そのため、同じ偏差値で比べた場合、

国立の方が私立よりもはるかに必要な勉強量が多くなります。

 

私も東北出身なのでよくわかりますが、

地方の高校の先生は国公立至上主義のことが多いです。

地元の国公立への進学を勧める先生が多いと思います。

 

地方国公立に入学するという選択肢はもちろん有りです。

しかし、東北大学などの旧帝大学を除いた地方国公立は、

大手企業へ就職することを考えた時、

都市部の有名私大よりも不利になることが多いです。

 

もっとわかりやすく言うと

偏差値55の地方国公立大学よりも、

偏差値65の有名私立大学の方が就職に有利なことが多いということです。

必要な科目数が少なくてすむため、

合格するための難易度は偏差値65の私立の方が低くなるのにも関わらずです。

 

なんとなく国立を志望して、全部の科目を同時に勉強し始めた結果、

どれも中途半端になってしまうのはあまり良くないパターンです。

 

おすすめなのは、

私立受験で必要となる主要科目3科目

(例えば文系なら英語、国語、地歴公民1科目など)

を先にある程度のレベルまで仕上げてから、

センターで使用する残りの科目を強化していく方法です。

 

得意にした3科目で難関私立大学へ対応して、

センター試験の点数次第で国公立も狙っていく方法です。

 

受験には「戦略」も必要です。

よく考えて、後悔しないように勉強を進めていきましょう!

 

武田塾チャンネル

「国公立・私立を決めよう!!編」

 

 

===============

武田塾福島校では無料受験相談を受付中。
受験相談イベントも開催中です。
まずはこちらをクリック

===============

  • 武田塾の無料受験相談