県立千葉高校の入試情報・倍率・進学実績

千葉校・

県立千葉高校の入試情報・倍率・進学実績

県立ちば

はじめに

こんにちは、武田塾千葉校教務を務めております岸本です。

常日頃から皆さんの心に刺さるブログ更新を心がけて文章を考えています。

皆さんを退屈させないように頑張ってまいります。

本日は、武田塾千葉校周辺学の習塾・予備校情報記事を書いていきたいと思います。

武田塾千葉校は千葉駅から徒歩4分のところにある富士見ハイネスビルという綺麗なオフィスビルの6階に入っております。

 

あまりに綺麗で塾っぽくなく、受験相談に来る高校生はよく入るのをためらうそうです(あまり塾としてはよくない笑)詳しいアクセス方法は武田塾千葉校の専用HPにも載せておりますので合わせてご参考ください。

県立千葉高校の入試情報

入試内容

県立千葉高校の入試は前期試験と後期試験の2度行われます。例年前期試験が2月上旬に行われ、今年度(平成28年度)は2月9日(火)、2月10日(水)の2日で行われます。後期試験は2月の後半に実施され、今年度は2月29日(月)に実施されます。

前期試験

1日目(2月9日)は、5教科の学力を問試験が行われます。学力試験は各教科50分で行われ、100点満点の計500点で評価されます。

2日目(2月10日)は、作文検査が行われます。

作文で問われる内容は様々な事柄に対する受験生の考えを問う問題であり、平成27年度の試験は「高校授業において教科・科目を幅広く学ぶことにどのような意味があるか?」とい問に対して中学校での経験を具体的に述べ、自分の意見を書かせる問題であった。

 

また、平成26年度試験は「あなたは未来をどのように捉えていますか、またよりよい未来を築くためにはどのようなことをしていきたいか?」という問にたいして考えを述べさせる問題でした。

あなたはそれぞれの問題に対してどのような文章を書きますか?

私なら、平成27年度の問題に対しては「多岐にわたって総合的に学習を進めることで様々な事象に対して興味関心を持つことができ、またそれは自分自信の選択肢を広げることにつながる」といった文章を書きたいです。

 

平成26年度の問題に対しては「若者が日本の未来に不安を抱えていると思う理由を挙げて、その対策について述べていく」でしょう。

 

少子高齢化によって国民年金の一人あたりの負担は増えていくことになること、働き手が少なくなって国内の経済が縮小してしまう可能性があることなどの問題点に触れ、その対策として自分たちがよりよい未来を気づくためにするべきことについて述べます。長くなりましたが、大切なのは聞かれた内容に対する的確な文章は書かれているかどうかです。そこを注意して作文の対策をしてみましょう。

後期試験

県立千葉高校の後期試験は、5教科の学科試験1科目40分、100点満点と中学校の校長から送付される調査書をもとに評価、選抜されます。中学校での成績、功績もある程度は判断材料とされますが基本はやはり学科試験でいかに高得点が取れるかどうかです。以下の勉強方法を参考に学科試験に打ち勝ちましょう。

武田塾千葉校から県立千葉高校入試アドバイス

武田塾では自分のレベルに合った、1冊の参考書を何度も何度も繰り返し勉強して参考書の習熟度を高める勉強方法を提案しています。

 

大学受験同様、高校入試においても自分の目指す学校に入るために必要な情報量は複数の参考書にまたがっているわけではありません。

 

必要な知識を得ることができる適切な一冊参考書を何度もなんども繰り返し勉強し、1冊づつ完璧に仕上げることで十分に合格することができると思います。詳しい勉強方法などについては以下のページを参考にしてみてください。

武田塾の強みを見る!!

 

県立千葉高校の入試倍率

つづいて県立千葉高校の入試倍率についての情報をご紹介します。

県立千葉高校は千葉県の効率御三家の一つとされ、偏差値も進学実績も県内屈指の高校のため学力に自身をもった県内の中学生の多くが挑戦する高校です。

以下に県立千葉高校の近年の入試倍率を表にしましたのでご覧ください。

 

年度

定員

前期

後期

定員 受験者 合格者 倍率 定員 受験者 合格者 倍率
27 240 144 398 144 2.76 99 196 102 1.92
26 240 144 512 144 3.56 99 278 106 2.62
25 240 144 473 144 3.28 99 247 106 2.33
24 240 144 570 144 3.96 105 298 113 2.64
23 240 144 483 144 3.35 103 260 111 2.34

こちらの表を見てもわかるように、前期は毎年3倍強(昨年度は3割弱)後期は2倍強と高校受験にしてはなかなか高い倍率ですね。

 

しっかりと対策をして県立千葉高校の受験に合格しましょう。武田塾は大学受験専門の学習塾・予備校になるんですが、勉強のお悩み相談でしたらいつでもお受けいたしますので、入塾は高校に入ってからしかできませんがぜひ無料受験相談にいらしてください。

 

(千葉校・津田沼校・市川校では受け付けておりますが、後者によっては受け付けられない場合がございます。確認のご連絡をくださいますようお願い致します。)

県立千葉高校の大学進学実績

県立千葉千葉校の進学実績については以下リンク先、県立千葉高校HPの受験結果をご覧ください。多くの国公立合格、早稲田大学・慶応義塾大学・上智大学といった難関私立大学合格結果を残しています。早慶は現役既卒合わせると毎年200名以上の合格実績を出しています。

県立千葉高校・大学合格実績

武田塾千葉校で無料の受験相談を受けよう

武田塾千葉校では年間通して、無料で受験相談を実施しております。

 

千葉校にお悩み相談に来る人のほとんどが大学受験に向けて学習塾・予備校を探している高校生ですが、中には、難関大学を目指していて中学のうちから高校に入ってからの学習塾・予備校を探している人もおられます。

 

また、入塾は考えていないけれど武田塾で受験に関する悩みを聞いて欲しい人など様々ですぜひ一度校舎にきてみなさんのお悩みを聞かせてください。

無料の受験相談お申し込みはこちら⇨無料受験相談お申し込みへ

 


 

武田塾 千葉校のオフィシャルページでは大学受験情報・講師の紹介・効率的な勉強方法など様々な情報を公開しています。武田塾 千葉校に興味がある方は是非こちらもご確認ください。下記画像をクリック!

↓↓武田塾千葉校オフィシャルHP↓↓

スクリーンショット 2016-07-08 11.11.43

  • 武田塾の無料受験相談