センター試験8割突破の鍵とは

厚木校・

こんばんは、武田塾厚木校です。

 

センター試験の過去問題に取り組む生徒さんたち。

 

得点を確認すると、上は満点から下は6割台までとなります。

全体でみると「8割台に壁がある」と感じます。毎年のことですが。

 

うちの生徒さんのモデルケース。

高3生で通塾半年でセンター得点率7割台。これが一般的です。

ここまで来ると細部の完成度引き上げにこだわっていきます。

 

例えば

「世界史センターへの道と並行してナビゲーターで細かい知識をより完璧に」

「英語は大問1から3で25分以内」

「古文は古語集の見出し語だけでなく派生語関連語まで暗記していく」

「微分積分は問題慣れするために、早くから対策問題集に触れていく」

などです。

 

武田塾の特訓では上記のように課題を明確にして、毎週進捗をチェックしていきます。

地道な作業の繰り返しですが、このおかげで本番の入試で得点できる力が身に付きます。

 

「英語の知識が身に付いてきて、大問前半での取りこぼしが少なくなってきた」

高3受験生の言葉です。

 

地道にコツコツと一冊を完璧にが大事、と改めて認識した次第です。

 

 

武田塾厚木校では無料受験相談を行っています。

武田塾サイトよりお申し込みください。

 

 

 

 

  • 武田塾の無料受験相談