【厚木の予備校・塾紹介】 増田塾本厚木校(後編)

厚木校・

増田塾情報、後編になります。
指導内容の詳細について紹介していきます。

1.難関大学合格保証制度
生徒が志望する大学のいずれにも合格できなかった場合、授業料を全額返金するシステム。
増田塾は、塾のカリキュラムをきちんとこなせば、ほとんどの人は志望校に合格できる!という自信を持っています。きちんと勉強したのも関わらず合格できなっかった生徒に対して、「努力不足」の一言で終わらせたくない、不合格者の責任をすべて生徒のせいにしたくないと考えています。この保証は、大学合格に対して生徒と同等の責任を持ち、それだけの意気込みがあるという増田塾の証明でもあるのです。

とはいったものの、誰でもこの保証が受けられるという訳ではありません。
以下の4つの条件をクリアする必要があります。
・出席率80%以上を維持すること
・各教科のチェックテストで80%以上を維持すること
・課題等お提出物を必ず提出すること
・増田塾が指定した難関大学を2つ以上受験すること

少々厳しいかもしれませんが、それだけ勉強のモチベーションも上がるというもの。合格保証がもらえれば自信を持って試験に臨むことが出来ます。

2.強制自習制度
何かと誘惑の多い自宅ではついつい他の事に気を取られがち。増田塾では一人一人に専用の自習スペースが用意され、強制的に自習をさせる時間を取っています。自分専用なので席取りの必要もなし。休憩時間外の外出や私語も禁止といった徹底ぶり。自習中に何を勉強すべきかもスケジュールを作り指導してくれます。

3.集団授業と実力判定テスト
少人数での授業が基本。増田塾全校舎のクラス平均人数は12.4人とのこと。年に数回行われる実力判定テストの結果によっていくつかのクラスに振り分けられるようです。欠席者や成績の思わしくない生徒には補講があり、解らないところをそのままにせずに必ず解けるようになるまで学習するシステムになっています。

4.チェックテストシステム
チェックテストには2種類あり、英単語や漢字などの「暗記テスト」と、授業の理解度をはかる「授業復習テスト」がそれにあたります。事前に指定された範囲の問題を解く暗記テストと、前週の授業内容に対する復習テスト。それぞれ、不合格者に対しては補講が組まれ、合格80%以上を維持していないと合格保証制度が受けられません。暗記と復習を繰り返し行うことで知識の確実な定着を目指すということですね。

 

長々と説明しましたが、要は学習内容を徹底して指導・管理してくれるという訳です。自己管理の苦手な人でも効率よく学習でき、生徒の志望校合格に対して同等の責任を負った熱心な指導を行う。増田塾は「置いてけぼりになる生徒」をつくらないように心がけています。

塾と学校の課題を平行してこなす必要があり、少々忙しいかもしれませんがそこは皆さんの頑張りどころ。受験勉強と言っても何から手をつければ言いのか分からないといった人にはピッタリの塾ではないでしょうか。
説明会ではさらに詳しい説明を聞くことも出来るので、気になった方は参加してみてください。

以上で増田塾本厚木校の紹介は終わります。

  • 武田塾の無料受験相談